メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・創価大

FAOと交流協定締結 「食料安全保障」を学ぶ機会を学生に提供へ

協定書を手にするボリコ駐日連絡事務所長(右)と馬場学長

 創価大学は2月6日、国連食糧農業機関(FAO)と交流協定を締結した。食料の安定供給をどのように確保するかという「食料安全保障」について、今後学生たちが学んでいく。

     FAOは、世界の農林水産業の発展と農村開発に取り組むため、1945年に設立された国連の専門機関だ。ローマに本部を置き、196カ国が加盟している。世界の人々が食料を十分得ることができるよう、情報収集や技術提供などを行っている。

     昨年10月、FAOのチャールズ・ボリコ駐日連絡事務所長が同大で講演したことをきっかけに、両者が今回、協定を結ぶことになった。同大では、環境などに配慮した経済成長を目指す国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」の普及に向けた貢献活動などにも、取り組んでいく予定だ。

     調印式にはボリコ所長が来学し、馬場善久学長とともに協定書に署名を交わした。ボリコ所長は「今回の協定を機に、若い世代の人たちに食料問題をはじめとする世界の諸課題を身近に感じてもらいたい」と述べた。

    創価大

    公式HP:http://www.soka.ac.jp/
    所在地:〒192-8577 東京都八王子市丹木町1-236
    電 話:042-691-2211

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
    2. 他人のカードで1億円引き出し 池袋署が窃盗容疑で女逮捕
    3. 東海大が大野さんとともに卒業式 熊本地震でのアパート倒壊で犠牲に
    4. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
    5. 沼田 現金4251万円持ち主名乗り続々 お宝騒動再び

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです