メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・福岡工業大

大学で小学生がICT特別授業 お菓子購入、最適解は

パソコンに向かって、満足度の高いお菓子の買い方について考える児童ら=2月15日、福岡市東区の福岡工業大で

 福岡工業大学の学生が、福岡県新宮町立立花小の6年生17人に向け、情報通信技術(ICT)を活用した特別体験授業を同大で開いた。同大は2014年に新宮町と包括的連携協定を締結しており、授業はその一環。情報工学部システムマネジメント学科3年の11人が、地域貢献や工学系の勉強の面白さを伝えようと企画した。

     授業では、予算内で複数のお菓子を選んで満足度の高い組み合わせの最適解を導く問題に挑戦した。児童たちが答えを出すまでに数十秒から数分かかる一方、パソコンのプログラムは1秒に満たない速さで答えを出し、驚きの声が上がった。

     同大3年の則清慶太郎さん(21)は「パソコンは頭がいいけど、プログラムを書くのは人間。その式や工夫の仕方を考えるのには算数が大切」と語り掛けた。立花小の平井空さん(12)は「みんなでいくつもの組み合わせを計算するのは楽しかった」と感想を話した。【山崎あずさ】

    福岡工業大

    公式HP:http://www.fit.ac.jp
    所在地:〒811-0295 福岡市東区和白東3-30-1
    電 話:092-606-0607

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
    2. 大谷、イチローの開幕戦を夜更かし観戦
    3. 武田・厚労省課長 韓国で逮捕 「韓国人嫌い」空港職員に暴行か
    4. 仙台市博物館 政宗の愛刀公開 ゲーム「刀剣乱舞」効果? 反響「普段の数十倍」 /宮城
    5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです