メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・桜美林大

「漢語橋」世界大学生中国語コンテスト東日本地区予選大会で屋宜さんが1等賞

表現力豊かにスピーチをする屋宜さん
前日まで練習を重ねた三線を披露する屋宜さん
2等賞となった嘉藤さん(写真右)と3等賞の小嶋さん(同中央)、左は屋宜さん

 中国語コンテストの五輪とも言われる「第17回『漢語橋』世界大学生中国語コンテスト」東日本地区予選大会が6月2日、桜美林大学プルヌスホールであり、グローバル・コミュニケーション学群2年の屋宜花恋(やぎ・かれん)さんが1等賞を受賞した。屋宜さんは7月上旬に中国で開催される本選に出場する。

     コンテストは中国政府の主催による最もレベルの高いコンテストで、今回は14人が出場した。屋宜さんは、出身地・沖縄の民族衣装を身にまとい、故郷では中国人を身近に感じたことや上海へ留学した際のエピソードを、表現力豊かに話した。

     技芸では、中国の弦楽器「三弦」を起源にもつ沖縄の民族楽器「三線」を披露した。屋宜さんの祖父が三線を演奏していることもあり、親近感はあったそうだが、本格的に練習を始めたのは予選大会の1カ月前。大会前日まで薄宏准教授の指導を受け、リズムなどの確認をしたという。

     屋宜さんは「1等賞の受賞は、事前練習に付き合ってくれた薄先生や友達のおかげです。みんなの前で練習を兼ねてスピーチを披露し、表情や身ぶり手ぶりなどで内容が伝わってきたと言われて自信が持てました」と話した。さらに、本選への抱負として「恐れることなく挑みます。より多くの人に伝えることを心がけてスピーチし、三線をさらに練習して聴いている人を感動させたいです」と、努力を惜しまない姿勢をみせた。

     また、同大のリベラルアーツ学群4年の嘉藤綾奈さんが2等賞に、グローバル・コミュニケーション学群2年の小嶋栞礼さんが3等賞に輝いた。

    桜美林大

    公式HP:http://www.obirin.ac.jp/
    所在地:〒194-0294 東京都町田市常盤町3758
    電 話:042-797-1583

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
    2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
    3. 年金運用 損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月
    4. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も
    5. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです