メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・創価大

ロシア駐日大使のガルージン氏が講演 教育交流を中心に露日友好を語る

大学留学中のエピソードなどが紹介されたガルージン大使の講演会

 ロシア駐日大使のミハイル・ユーリエヴィチ・ガルージン氏による講演会が6月19日、創価大学で開かれ、教職員・学生ら約250人が参加した。今回は文部科学省の「スーパーグローバル大学創成支援」の一環として行われ、ガルージン氏が3月に駐日大使に就任以降、同大での講演が日本の大学では初めてとなる。

     ガルージン大使はモスクワ大学で日本語を学び、1982~83年に交換留学生として創価大で学んだ経緯もあり、今回の講演会開催の運びとなった。駐日公使を7年務めるなど外交経験は豊富。これまでも元ソ連大統領のミハイル・ゴルバチョフ氏や元ロシア大統領のボリス・エリツィン氏の通訳として、日本とロシアの外交の一翼を担ってきた。

     この日の講演会では「露日友好について-教育交流を中心に」と題し、今日までの日露関係における経済や人的交流、外交、歴史などに言及。「グローバル化が進む時代においては、互いを理解するために、民間交流および教育交流を通した対話が重要だ」と述べた。

     参加者からは「日露両国の歴史を学ぶとともに、留学への挑戦などを通し、国際社会に貢献できる力をつけていきます」などの感想が寄せられた。

    創価大

    公式HP:http://www.soka.ac.jp/
    所在地:〒192-8577 東京都八王子市丹木町1-236
    電 話:042-691-2211

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
    2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
    3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
    4. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
    5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです