メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・茨城大

温暖化テーマに科学カフェ 23日

 大雨の増加など、地球温暖化に伴って予測される影響や対策をテーマにしたサイエンスカフェが6月23日午後3時、水戸市文京2の茨城大図書館で開催される。

     気象庁は、温暖化が進むと、1時間に50ミリ以上の「滝のように降る雨」の発生回数が全国的に増加すると予測している。

     カフェでは、若月泰孝・同大准教授(気象学)が水害や熱中症のリスクや、豪雨予測技術の最新情報などを紹介。若月さんは「温暖化影響への心構えについて参加者と一緒に話し合いたい」としている。

     参加無料。事前申し込み不要。問い合わせは同館(029・228・8076)。【大場あい】

    茨城大

    公式HP:http://www.ibaraki.ac.jp/
    所在地:〒310-8512 水戸市文京2-1-1
    電 話:029-228-8111

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
    2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
    3. 年金運用 損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月
    4. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も
    5. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです