メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・大阪教育大

体験学習「パパティーチャー」 育児中の父子が「先生役」 4組が経験談など

4組の親子が「先生役」となって、学生と触れ合ったり子育ての経験を語ったりした

 大阪教育大の保育学の授業でこのほど、学生らが男性の育児経験談を聞きながら、子どもと触れ合う「パパティーチャー」と名付けた体験学習があった。

     男性が育児に取り組む実例を学生らに知ってもらおうと、父親の子育てを支援するNPO法人「ファザーリング・ジャパン関西」が開いた。

     4組の父と子が「先生役」を務めた。4人の子がいる荒木正太さん(36)は「できないこともあるので、親や妻の友達らにも手伝ってもらっている」などと語った。授業を受けた1年の藤永圭太さん(19)は「赤ちゃんを抱っこしたのは初めて。いい経験になった」と笑顔だった。

     同法人の篠田厚志理事長は「さまざまな家庭があることを覚えておいてもらい、将来、仕事をしたり家庭を築いたりする際に役に立ててくれたらうれしい」と話した。【御園生枝里】

    大阪教育大

    公式HP:http://osaka-kyoiku.ac.jp/
    所在地:〒582-8582 大阪府柏原市旭ケ丘4-698-1
    電 話:072-976-3211

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
    2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
    3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
    4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
    5. 特集ワイド ヘイト本作った理由、依頼を何でも受けた 読み手見え、自責の念

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです