メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・宇都宮大

ロボット技術を農業に 事業化へ研究拠点、7月から稼働

新しい研究施設でイチゴの生育状況や病気の予兆を観測するロボットの動作を確認する学生
実験室で四輪の農業用移動ロボットの試験を行う学生

 宇都宮大は7月から、先進的なロボット技術を農業などの分野に活用するための研究拠点「ロボティクス・工農技術研究所(REAL)」を稼働させる。同大が持つ独自の技術を事業化して、新たなビジネスモデルの構築や地域の活性化などにつなげる狙いがあり、企業や自治体からも注目を集めている。

     REALは、鉄骨2階建ての床面積約1386平方メートルで、総工費は約7億円。2016年度の文部科学省の「地域科学技術実証拠点整備事業」に採択され、今年3月に工学部などが入る同大陽東キャンパス(宇都宮市陽東7)で完成した。

     1階は、3Dプリンターや溶接ロボットなどが入った研究室「FabLab」や、人工知能サーバーなど最先端の設備をそろえた。2階は、教職員や学生が企業や自治体と意見交換できるオープンスペース「テラコヤ」を設置。学生と出入りする企業の研究者などが自由に議論できる場をつくることで、新たな事業化などにつなげる狙いがある。

     また、1階から屋上までロボット実験用のスロープが設置されており、ロボットがフロア間を自由に移動できる。ロボットと連動するエレベーターもあり、ロボットの移動手段の研究を進めることができる。

     REALでは今後、ロボットによるイチゴ生産など、産学官で連携した五つのプロジェクトが進行される。所長の尾崎功一・同大教授は「企業や自治体が入ってわいわいと議論して、新しい発想でモノをつくる場にしたい。論文止まりになっている研究を世に出していきたい」と語った。

     同大大学院工学研究科1年の岡村涼平さん(22)は「企業の方などと話ができることで新しい知識が得られ、視野が広がる」と期待を寄せた。【野田樹】

    宇都宮大

    公式HP:http://www.utsunomiya-u.ac.jp/
    所在地:〒321-8505 宇都宮市峰町350
    電 話:028-649-8172

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
    2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
    3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
    4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
    5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです