メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・立正大

評価と選抜方法異なる三つの入学試験を新設 2019年度から実施

 立正大学は2019年度から、「高大接続Advance入試」として、多彩な評価基準と選抜方法を取り入れた「全学部一般入学試験RisE(ライズ)方式」「AO入学試験(ゼミナール型)」「AO入学試験(文化・スポーツ型)」の三つの入学試験を実施する。

     「全学部一般入学試験RisE(ライズ)方式」は、1時限目が2教科80分120点(60点ずつ)で受験科目は選択可能、2時限目は英語60分100点で、計3教科で判定する。

     「AO入学試験(ゼミナール型)」では、授業を受けてリポートを作成。後日、ゼミ形式での授業型試験と面接などを行い、総合的に評価する。心理学部と社会福祉学部で実施する。

     「AO入学試験(文化・スポーツ型)」は、書類審査で課外活動の実績を評価。学部・学科とのマッチングを経て、小論文・面接で選抜する。

     新しい三つの入学試験は、いずれも思考力、判断力、表現力などを重視していて、大学入学選抜改革の柱である20年度の大学入学共通テスト開始に先駆けた独自の取り組み。大学は「これからの時代で活躍したい、大きく羽ばたきたい学生の応募を期待している」と話している。

     詳細は同大ホームページ。問い合わせは同大入試センター(03・3492・6649)。

    立正大

    公式HP:http://www.ris.ac.jp
    所在地:〒141-8602 東京都品川区大崎4-2-16
    電 話:03-3492-5250

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
    2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
    3. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ
    4. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
    5. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです