メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・敬愛大

人生100年時代向けシンポジウム 新たな学びのかたち提唱 約110人参加

東京大高齢社会総合研究機構副機構長の牧野篤氏の講演を聞く参加者ら
パネリストとして発言する熊谷俊人・千葉市長

 敬愛大は7月16日、シンポジウム「21世紀の生涯学習~『人生100年時代』の新しい学びのかたち」を千葉市稲毛区の稲毛キャンパスで開催した。学生や地域住民ら約110人が参加し、仕事や趣味、社会活動に意欲的な「アクティブシニア」や、社会人の学び直しなどをテーマに熱心な議論が行われた。

     基調講演には、東京大高齢社会総合研究機構副機構長の牧野篤氏が登壇。人生100年時代に向け、相互に承認し合い、自立し、集合を支える小さな「社会」の形成を提案した。また、「学びは社会基盤であり、生活の基盤」と学びの重要性を説いた。

     続くパネルディスカッションには、牧野氏のほか、千葉市長の熊谷俊人氏、放送大副学長の岩永雅也氏、社会人向けの大学公開講座を紹介するセカンドアカデミーのエグゼクティブ・コンサルタント、佐々木偉彰氏を迎えた。進行役は千葉敬愛短期大学長で文部科学省中央教育審議会生涯学習分科会長の明石要一氏が務めた。

     パネリストらは、AI(人工知能)が人類を追い越す「シンギュラリティ」時代の学び▽従来型の知識伝承(父の背中を見て育て型)が意味をなさない時代の学び▽学びをどう地域社会に還元するか、またそのための大学のあり方は何か--などについて意見を交わした。最後には、「Study and Action(学んでから実践する)だけでなく Action and Study(実践から学ぶ)も大切だ」「生涯学習・社会教育はオープンエンド(一つの結論に集約するのではなく、さまざまな意見があることを認め合う)に」とまとめた。

     敬愛大地域連携センターは、事業の一つとして「生涯学習センター」の運営を行っている。2006年度にスタートした生涯学習講座は、14年度に同大稲毛キャンパス最寄り駅のJR総武線稲毛駅前にサテライト教室を開設。今年4月には2教室に拡充した。今年度は年間400以上の講座を市民に提供している。

    敬愛大

    公式HP:http://www.u-keiai.ac.jp/
    所在地:〒263-8588 千葉市稲毛区穴川1-5-21
    電 話:043-251-6363

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
    2. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
    3. 不適切投稿 「最高裁決定にがくぜん」岡口裁判官が会見
    4. 辺野古移設 対話拒否に沖縄怒り 政府が対抗措置
    5. KYB 免震改ざん タワーも原発施設も五輪会場も 「早く情報を」困惑拡大

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです