メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・明星大

仕事にデザインを生かす 社会人向け講座開講 29日から全3回

講義を熱心に聴く受講生ら(昨年のDESCの様子)
デザインについて意見を出し合う受講生ら(昨年のDESCの様子)
「DESC」のチラシ

 明星大デザイン学部では、仕事にデザインの考え方や方法を取り入れたい社会人のための講座「DESC(デスク・Design schoolの略)」を同大日野キャンパス(東京都日野市)で開講する。9月29日から全3回の日程で、同大デザイン学部の教員が講師を務める。

     今年で2年目。初回の9月29日は渋谷和良教授が「発信力のあるビジュアル」、第2回の10月13日は萩原修教授が「共感力のあるブランディング」、最終回の27日は武藤努准教授が「解決力のあるクリエイティブ思考」をテーマに、それぞれデザイン学部の授業内容をアレンジした特別プログラムを実施する。

     デザインは、人を引きつけたり、物事を魅力的に伝えたり、問題解決の糸口を探ったりするために役立つという。講座では、仕事などで活用できるデザインの本質を体験できる。デザインを仕事に役立てたいビジネスマンや、会社のビジネスにデザインを生かしたい経営者、デザインの力で地域を良くしたい行政・団体職員などに参加してほしいと考えている。

     いずれも午後0時半~5時。参加無料。定員は各回先着30人。DESCの申し込みフォームから申し込む。問い合わせは明星大デザイン学部支援室(042・591・5230)メールkoukai@design.meisei-u.ac.jp。

    明星大

    公式HP:https://www.meisei-u.ac.jp/
    所在地:〒191-8506 東京都日野市程久保2-1-1
    電 話:042-591-5670

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
    2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
    3. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
    4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
    5. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです