メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安田賢治のここだけの話

  • 来年の私立大入試戦線は超激戦に!?

     センター試験まであと4カ月となった。2年後から、大学入学共通テストとなるため、センター試験の名称で行われる入試は最後となる。入試制度が変わる前年の入試戦線は変…

  • 志願者増でも安全志向が強まった私立大入試

     今春の私立大志願者は、昨年に比べて4%ほど増えた。少子化により受験生数は減っており、併願校を増やす受験生が多かったということだ。 2017年も8%、18年も7…

  • 安全志向が顕著だった国公立大入試

     今春のセンター試験の志願者数は、前年より1%減少した。ところが、国公立大の志願者は昨年に比べて0.9%増となった。7年連続志願者減に歯止めがかかった形だ。 志…

  • 早稲田大の入試が変わる(2)

     早稲田大の入試が変わることについて、こんな解説をする大学関係者がいる。 「入試の解答公表が求められ、これは作問を担当している大学教員にはかなりの負担。そのため…

  • 早稲田大の入試が変わる1

     2021年春から導入される大学入学共通テストについて、私立大の先陣を切って早稲田大が3学部で導入する方針を明らかにした。一般入試では、大学入学共通テストの受検…

  • 地方の受験生は首都圏の大学を受験していない!

     今春の入試では、これまで定員割れしていた大学で入学者が増えた。しかし、必ずしも地方の大学だけに恩恵があったわけではない。今の受験生は現役で大学に進学、しかも地…

  • 定員管理の厳格化は狙い通り!?

     2016年から地方創生の一環として始まったのが大学入学定員管理の厳格化だ。大都市圏の大学の入学者数を入学定員に近づけることで入学者数を抑制し、地方大学への進学…

  • 国立大の推薦・AO入試は、これからどうなる?

     国立大学協会は、将来の目標として国立大の推薦・AO入試での入学者を3割にまで増やす計画だ。東大は現在の推薦入試の検証が終わるまで増やす予定はないというが、そも…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 28年ぶり クロネコとシロネコを一新 ヤマトHD100周年で

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです