メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ユニバ・リポート

<IAUD2014>移動手段のアクセシビリティーに課題−−東京・お台場でワークショップ

写真=移動空間プロジェクト主催によるワークショップ

 東京オリンピック・パラリンピックが開かれる2020年に向けて、障害者や高齢者、外国人など多様な利用者がアクセスしやすい公共交通機関や災害時に役立つ衣服のユニバーサルデザインを検討するワークショップが12日、東京・お台場の国際交流センターで開かれた。第5回国際ユニヴァーサルデザイン会議(IAUD)のイベントの一つ。

 IAUD研究部会移動空間プロジェクトが主催したワークショップでは、駅構内のサイン、乗り換え案内表示…

この記事は有料記事です。

残り1035文字(全文1243文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです