ユニバーサロンについて

 近年パソコンの画面情報を読み上げるスクリーンリーダーや音声ブラウザーの開発で、視覚障害者などこれまでウェブを利用できなかった人たちの間でもIT時代のコミュニケーションメディアとしてインターネットの利用が広がっています。

 世界でも例を見ない点字の新聞を発行するなど情報のバリアフリーに取り組んできた毎日新聞社は1998年12月14日、障害者や高齢者のインターネットアクセスを支援するため、特にパソコンボランティアネットワークの推進やIT(情報技術)の福祉分野への活用に焦点を当てたホームページ「ユニバーサロン」を開設しました。

 ユニバーサロンは、音声だけでウェブを利用している方々のために、違和感なく聞けるようアクセシビリティにも配慮しています。

 ユニバーサロン(Universalon)は、「すべての人が利用できる」ことを目指した商品開発「ユニバーサルデザイン(UD)」の考え方にちなんで、すべての人が等しく情報を享受できることを願って命名されました。バリアフリーやユニバーサルデザインについての情報交換の場、イベント紹介やボランティア募集、問題提起の場としてご活用ください。

主なメニュー

読者掲示板

 誰もが参加できるイベントやUDをテーマにしたセミナーのご紹介、ボランティア募集や製品・サービス・ユニバーサロン記事へのご意見などお気軽にお寄せください。

フリートーク

 ユニバーサロン編集長が暇つぶしに書いた気まぐれコラムです。だいたい月一回更新。

メーリングリスト

 ユニバーサロン常連のみなさまの交流と情報交換の場です。どなたでも自由に参加できます。合わせて速報などもお知らせします。

バリアフリーリンク集

 バリアフリーに取り組む企業や団体、個人などのページを分野別に掲載。

バリアフリーキーワード

 バリアフリーやユニバーサルデザイン、アクセシビリティの問題を理解するのに役立つ言葉を拾って、わかりやすく解説します。