メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

ベテラン専門記者による日替わりコラム。水曜日は古賀攻専門編集委員が鋭い視点で解説します。

  • 安倍家の勝ち越しで=古賀攻

     <sui-setsu> 「桂太郎超え」だという。 大命降下の戦前と、議院内閣制の戦後とでは首相の意味が違うから、比べるなら今年8月の「佐藤栄作超え」こそ大事な…

  • 「コクギ」の党派性=古賀攻

     <sui-setsu> 衆院の憲法審査会が先週開かれ、「約2年ぶりの自由討議」としてニュースになっていた。中身ではなく、「久しぶり」という時間軸で注目されるこ…

  • 大統領への「科学的知見」=古賀攻

     <sui-setsu> ウクライナ疑惑や米中覇権争いの行方は未確定だが、世界は来年の今ごろ確実に岐路を迎える。トランプ米大統領の再選か否かだ。 日本の外交政策…

  • 埼玉の補選が問うもの=古賀攻

     <sui-setsu> 今週日曜日の参院埼玉選挙区の補欠選挙にかかった費用は見込みで約22億円という。民主主義のコストであることは間違いない。 ただ、ほんの2…

  • 象徴とは何かを探す旅=古賀攻

     <sui-setsu> 松の間で紫の帳(とばり)が開けられるその直前、皇居周辺では折からの雨がやみ、さっと日が差した。天も味なことをするものだ。 一世一代とは…

  • 不自由さと戦うには=古賀攻

     <sui-setsu> 「表現の不自由展・その後」が本展の「あいちトリエンナーレ2019」と共に14日で終了した。 表現の自由は絶対的な価値か、相対的な価値か…

  • 日韓悲観論を越えて=古賀攻

     <sui-setsu> G20大阪サミットを終えた途端に安倍政権が韓国向け輸出管理を強化、日韓の険悪度がぐーんと上昇して3カ月がたった。 両政権とも相手の非を…

  • 「防災4.0」構想はどこへ=古賀攻

     <sui-setsu> 衆院の災害対策特別委員会をきのうのぞいてきた。臨時国会の召集に先立つ閉会中の質疑だ。 房総半島に深い傷痕を残した台風15号について、野…

  • アベ・イリュージョン=福本容子

     <sui-setsu> 「サッチャー・イリュージョン(錯視)」という現象がある。まず人の顔の画像に細工をする。例えば、目と口をそれぞれ上下ひっくり返し、もとの…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻容疑者代役に川口春奈さん 大河ドラマ「麒麟がくる」帰蝶役

  2. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  3. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  4. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  5. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです