メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

6月24日号 Rebecca Otowa 桜の木の話に隠された日本語

音声を聞いてみよう

村に数本残る小さな桜の木を眺める夫、利郎さん。もっと計画的に植えて管理されていたら、美しい桜並木が見られたはずだ (筆者提供)

 筆者は、「面倒くさい」という表現があまり好きではないという。以前、村に贈呈された桜の苗木の多くが、その考えのせいで「もったいない」結果になってしまったこともあり、何事も面倒だと決めつける前に、挑戦することが大切だと感じている。

    5) The M‐words: A tale of cherry trees

    Once upon a time, a hundred cherry tree seedlings were presented by the local government to a certain village. The village headman saw the gift and said, "Oh, what a lot of bother! Does anyone want to plant these cherry trees?" A village group volunteered to plant them on an empty plot of land nearby. However, the trees were not given any care after planting, so that several years later, only eight of the hundred trees remained. What a waste of a good gift!


    Rebecca Otowa さんの「The View From Inside」は毎日ウィークリーで偶数月第4週に掲載中です。

    記事全文は「毎日ウィークリー」本紙でお楽しみ下さい。音声は全文を読み上げています。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 雑記帳 埼玉県宮代町の東武動物公園駅で19日…
    2. チビチリガマ荒らし 「歴史知らなかった」逮捕の少年
    3. 金正男殺害事件 オウム中川死刑囚がマレーシア政府に協力
    4. ニッポンへの発言 キーワード ヒトラーが復活する=中森明夫
    5. 衆院解散強まる 自己都合を優先