メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

VIEWS 9月23日号 Jeffrey S. Irish 地方活性化運動

音声を聞いてみよう

地域おこし協力隊員の蔵元恵佑さん。お気に入りの軽トラックとともに(筆者提供)

 政府主導の「地域おこし協力隊」という取り組みに参加し、鹿児島県南九州市の頴娃町に移住してきた蔵元恵佑さん。さまざまな人に出会い、刺激を受け移住を決めたという。

    The rural vitalization movement

    In 2009, Japan's Ministry of Internal Affairs and Communications established a rural revitalization program wherein young people from urban areas are recruited to live and work in rural communities. While the first year saw only 89 people setting out to try their hand at rural stimulation, there is now a veritable army of over 5,000 paid "volunteers" spread throughout rural Japan.


    Jeffrey S. Irish さんの「Letter From Satsuma」は毎日ウィークリーで奇数月第4週に掲載中です。

    記事全文は「毎日ウィークリー」本紙でお楽しみ下さい。音声は全文を読み上げています。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日馬富士暴行 リモコン、灰皿で殴打 個室モンゴル勢のみ
    2. 日馬富士暴行 貴乃花親方、協会と溝深く 黙して語らず
    3. クローズアップ2017 日馬富士関暴行 「キレた横綱」混迷 証言食い違い/報告遅れ
    4. 浜崎あゆみ 過労ダウン…急性気管支炎で17日の仙台公演キャンセル(スポニチ)
    5. 厚労省検討会 医師不足地域で勤務を…開業の条件に