メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

VIEWS

6月23-30日号 Rebecca Otowa 人のために努力し、作り上げる祭り

音声を聞いてみよう

祭りの名物でもある、曳山を見に集まった多くの人々(筆者提供)

 筆者の暮らす滋賀県の日野町で行われる、馬見岡綿向神社の春の「日野祭」は約850年続く。境内に集まる各町内の約16基の曳山(ひきやま)を見るため、多くの人々が集まる。この祭りが人々を魅了するのは、主催する町民の努力のたまものだと筆者は考えている。

    11) Giving their all   

    Our town is the proud home of a large and elaborate spring festival dating back 850 years. Each May, the supermarket turns on the upbeat "matsuri-bayashi" (traditional flute and drum festival music). On the main avenue, residents work to make the entrances to their homes very clean, and check that their "sajiki-mado" (gallery windows in the front wall for festival viewing, a unique architectural feature of our town) are in good working order. Out-of-town guests are invited, and special food is ordered for them.

    Rebecca Otowa さんの「The View From Inside」は毎日ウィークリーで偶数月第4週に掲載中です。

    記事全文は「毎日ウィークリー」本紙でお楽しみ下さい。音声は全文を読み上げています。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
    2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
    3. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説
    4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
    5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)