メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャパン・ウォッチ

8月11日号 ケリー・ウェザーリル 出遅れたプラごみ対策

音声を聞いてみよう

Plastic waste is scattered on a bank of the Arakawa River in Tokyo. (Courtesy of Takada Hideshige, professor of Tokyo University of Agriculture and Technology)

 現在、各国で使い捨てプラスチック製品の規制が進んでいる。日本でもプラごみ削減の動きが少しずつ見え始めたが、まだ不十分であると筆者は感じている。

    Problems with plastics

    In June, India made headlines around the world when it announced that it would ban all single-use plastics by the year 2022. Costa Rica and Scotland have made similar statements, and various countries and cities across the globe have banned or begun charging a price for single-use plastic bags. These measures were all caused by widespread environmental problems created by the kinds of single-use plastics that are used in packaging, shopping bags, straws and other items.

    記事全文は「毎日ウィークリー」本紙に掲載しています。音声は全文を読み上げています。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
    2. 質問なるほドリ 非正規雇用、増えているの? 年々増加 過去最多2036万人に=回答・福島祥
    3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
    4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
    5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る