メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャパン・ウォッチ

8月11日号 ケリー・ウェザーリル 出遅れたプラごみ対策

音声を聞いてみよう

Plastic waste is scattered on a bank of the Arakawa River in Tokyo. (Courtesy of Takada Hideshige, professor of Tokyo University of Agriculture and Technology)

 現在、各国で使い捨てプラスチック製品の規制が進んでいる。日本でもプラごみ削減の動きが少しずつ見え始めたが、まだ不十分であると筆者は感じている。

    Problems with plastics

    In June, India made headlines around the world when it announced that it would ban all single-use plastics by the year 2022. Costa Rica and Scotland have made similar statements, and various countries and cities across the globe have banned or begun charging a price for single-use plastic bags. These measures were all caused by widespread environmental problems created by the kinds of single-use plastics that are used in packaging, shopping bags, straws and other items.

    記事全文は「毎日ウィークリー」本紙に掲載しています。音声は全文を読み上げています。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
    2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
    3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
    4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
    5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる