メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナイル.com

秋山信一(あきやま・しんいち)カイロ特派員。2004年入社、岐阜支局、中部報道センター(名古屋)、外信部を経て、13年1月にカイロ支局赴任。

  • ザイナブの日本大スキ! (3)予想外の「ラブホ」体験

     「ここって絶対にラブホテルだよ」。2015年12月、旅先の関西地方でホテルの部屋に入った瞬間、エジプト人の女友達と顔を見合わせてしまいました。内装がやけに派手…

    (2017年3月15日 19:36)

  • (90)刑事罰の対象にもなる性的少数者(LGBT)

     エジプト社会では性的少数者(LGBT)を「生理的に不自然だ」とみなす風潮が強く、刑事罰の対象にもなっている。LGBT権利擁護団体「レインボー・エジプト」による…

    (2016年12月26日 22:27)

  • <90>中東に涼を運ぶザクロ

     シリアではザクロの生産が盛んだ。農業省によると、2015年の生産量は4万5000トン。内戦の影響で12年の8万トンから大幅に減ったが、夏から秋に市民に爽やかな…

    (2016年12月20日 01:15)

  • (89)電気を待つアレッポ

     「電気のある生活を忘れてしまった」「冷暖房はもう長いこと使っていない」。内戦下のシリア北部アレッポの住民たちの言葉だ。アレッポは過去3年間、慢性的な停電に悩ま…

    (2016年11月2日 14:00)

  • (88)たい焼きへの挑戦

     毎日新聞カイロ支局から路地を2本隔てた一角に9月18日、たい焼き店「TAIYAKI TIME」がオープンした。エジプト人の経営者らはインターネットで機材を入手…

    (2016年10月01日 13:47)

  • (87)シリアの「名誉殺人」

     「家族の名誉」という名の下に殺される女性たちがいる。2007年1月、シリアの首都ダマスカスで、ザハラ・アッゾさん(当時16歳)は自宅で就寝中に兄弟に殺害された…

    (2016年8月24日 16:03)

  • (86)トルコ政変に揺れたシリア

     トルコで15〜16日に展開された一連のクーデター失敗劇を巡っては、内戦が続く隣国シリアの国民も一喜一憂しながら動向に注目していた。トルコのエルドアン政権は反体…

    (2016年7月26日 09:00)

  • (85)試験問題ネット漏えい事件

     アラブ諸国は毎年5〜6月に高校卒業試験のシーズンを迎える。結果は進学先の大学や学部を決める基準になるため、事実上の大学入試ともいえ、その先の就職をも左右する。…

    (2016年7月22日 20:36)

  • (84)内戦下のリゾート開発計画

     シリア唯一の有人島として知られる地中海のアルワード島。4000年以上の歴史を持つ島は、5年以上に及ぶ内戦下で、戦火とは無縁だった。しかし、観光省が5月、突然、…

    (2016年06月21日 22:17)

ラナ・セイフ

ザイナブ・アジジ

フアード・アリ

イナス・タウフィーク

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 朝鮮学校無償化訴訟 卒業生の訴え認めず 名古屋地裁
  2. 中学の性教育授業 都と足立区が火花 避妊の方法はだめ?
  3. 南北首脳会談 両首脳が握手 金正恩氏初めて韓国側に
  4. 厚労省 女性職員にセクハラメール 健康局長を戒告処分
  5. ORICON NEWS 国分太一、山口達也と会見後に面会 「甘えた言葉聞きたくなかった」と本音も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです