メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

W杯 日本代表メンバー発表タイムライン

  • 日本代表23人が決定
  • 選出から漏れたのは三竿、井手口、浅野

115日前に配信

夫を祝福「たくさんの奇跡を起こして」

116日前に配信

浅野と井手口の落選で「法則」途切れる

  • サッカー日本代表 浅野と井手口落選で「法則」途切れる

     ◇ロシアW杯メンバー23人発表 ワールドカップ(W杯)出場を決めた試合で得点した選手は本大会のメンバー入りするという日本代表の「法則」が途切れた。W杯出場が決まった昨年8月31日のオーストラリア戦では浅野と井手口の2人が得点して勝ったが、ともに落選した。 開催国として出場し予選がなかった2002年

116日前に配信

31歳の槙野智章「名前が呼ばれた時、いろんな思いがこみあげてきた」

  • サッカー日本代表
    31歳槙野「選ばれるだけでなく」

     ◇ロシアW杯メンバー23人発表 31歳の槙野智章(浦和)が、8年待ったワールドカップの日本代表に選出された。「名前が呼ばれた時、いろんな思いがこみあげてきた」。チームメートや代表の仲間ら周囲に感謝した。 2010年南アフリカ大会、14年ブラジル大会は期待したが名前が呼ばれなかった。「この8年間、非

116日前に配信

女優、モデルでJリーグ名誉マネージャー、佐藤美希さんのツイート

116日前に配信

松木氏「ほぼ予想通り」前園氏「西野監督のスタイルらしい人選」

116日前に配信

DFを8人全員残し、攻撃選手の枚数を削った理由は

  • サッカー日本代表
    攻撃の駒よりも守備のバランスを重視

     ◇ロシアW杯メンバー23人発表 通常、大きな大会に向けた日本代表発表の記者会見で監督が名前を読み上げる際には、どこかでどよめきが起こるもの。だが今回は、静まり返ったまま淡々と進んだ。「実績重視」の23人は、5月18日にガーナ戦のメンバー27人(後に1人離脱)が発表された時点で想定された範囲内の顔ぶ

116日前に配信

3バックに自信の遠藤「食らいつく」

  • サッカー日本代表
    3バックに自信の遠藤「食らいつく」

     ◇ロシアW杯メンバー23人発表 浦和の25歳、遠藤は初代表に「小さい頃からの夢。うれしい気持ち」と喜んだ。2016年リオ五輪組の一人。西野監督が試している3バックの中央や右でプレーをしてきており「そこでチャンスをもらえれば、自分の良さを出せる自信はある」。かつて浦和でプレーした主将の長谷部とポジシ

116日前に配信

全国のファン10人が採点「68.5点」

  • サッカー日本代表
    全国のファン10人採点「68.5点」

     サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会に臨むメンバー23人が決まった西野ジャパンについて、毎日新聞は全国のサッカーファン10人に採点してもらった。結果は100点満点で平均68.5点。本田圭佑、香川真司、岡崎慎司の「ビッグ3」はいずれも期待する選手に選ばれなかった。 最も低い40点と採点したのは

116日前に配信

宇佐美「喜びよりも、ほっとした」

  • サッカー日本代表
    宇佐美「喜びよりも、ほっとした」

     ◇ロシアW杯メンバー23人発表 早くから将来を嘱望されながら26歳で初のW杯行きをつかんだ宇佐美は「喜びよりも、ほっとした」。かつて2季プレーしたドイツに、2016年から再び渡った。しかし思うような結果が出ず、代表からも遠ざかった時期もあり「W杯を諦めかけていた時もあった」という。西野監督はガ大阪

116日前に配信

本田、香川、岡崎の3人、「不要論」「逆風」を越え選出

  • サッカー日本代表
    本田ら3人「不要論」「逆風」越え選出

     ◇ロシアW杯メンバー23人発表 東京都内で開かれた発表記者会見で日本代表の西野朗監督(63)が淡々と読み上げた23人の中に、MF本田圭佑(31)=パチューカ、MF香川真司(29)=ドルトムント、FW岡崎慎司(32)=レスター=の名もあった。若手に追い出されるように苦しい時間を過ごし、当落が注目され

116日前に配信

大迫、植田、吉田・・・九州出身3人に期待の声

  • サッカー日本代表 大迫、植田、吉田に地元が喜びと期待

     ◇ロシアW杯メンバー23人発表 大迫勇也、植田直通、吉田麻也ら九州出身各選手の地元では関係者らが喜びと期待に声を弾ませた。 鹿児島県日置市の鹿児島城西高は大迫選手の母校。サッカー部の後輩らはテレビ中継で先輩の名が呼ばれると、歓声を上げた。大迫選手の恩師で同部総監督の小久保悟さん(50)は「高1のこ

116日前に配信

出身地・大阪府摂津市では、「本田」の名前が読み上げられると歓喜に包まれた

  • サッカー日本代表
    「本田」の名に歓喜 地元大阪・摂津市

     ◇ロシアW杯メンバー23人発表 日本代表を支えてきた本田圭佑選手(31)の出身地・大阪府摂津市では、市役所1階ロビーに市民ら約150人が集まって代表発表のテレビ中継を見守り、「本田」の名前が読み上げられると歓喜に包まれた。「輝け! 摂津の星」などと書かれた垂れ幕が掲げられ、職員らは市広報の号外13

116日前に配信

セルジオ越後氏「“謎の会見”という感じだったね。ゴールキーパーとフィールドプレーヤーという発表は初めて聞いたよ」

116日前に配信

小林悠が大島僚太に「心から応援してます」

116日前に配信

セレッソ大阪の清武弘嗣がチームメートの山口蛍を祝福

116日前に配信

山口蛍「キヨくんと健勇の思いも背負って」…

116日前に配信

三竿、井手口、浅野 W杯ロシア大会に挑む日本代表から落選した主な選手は・・・

  • サッカー日本代表 落選した主な選手

     日本サッカー協会は31日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会の代表選手23人を発表した。落選した主な選手は次の通り。 【GK】西川周作(浦和) 【DF】森重真人(FC東京)車屋紳太郎(川崎) 【MF】三竿健斗(鹿島)井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ)今野泰幸(ガ大阪)森岡亮太(アンデルレヒト)清武

116日前に配信

初出場の東口順昭「僕の夢はここで終わりではない」

116日前に配信

酒井宏樹「4年間磨き上げたものを…」

116日前に配信

宇佐美貴史「一時はあきらめかけていたから…」

116日前に配信

西野監督の会見要旨(2)

116日前に配信

「マイアミの奇跡」の立役者である西野監督。ロシアW杯ではどんな奇跡を見せてくれるか?

西野監督「奇跡を膨らませていきたいが、現実23名を今朝選んでこれからどんなサッカーができるのか、選手たちがどんな活躍をしてくれるのか、そういう楽しみだけ。奇跡と言われても、正直お答えできることではない。初戦のコロンビアに対して強く入って行く、そしてコロンビアを倒すということを小さな奇跡かもしれないが、持ちたい。その中で選手たちの活躍を期待する、そこを求めていきたいと今は思っている」

116日前に配信

本番までに戦術面、メンタル面で最も強く求めていきたいことは?

西野監督「日本のサッカーが通用する部分としない部分がある。対応力というところを選手たちに求めたい。昨日も今までと変わった戦い方をしてもらった。そういう中で、自分のポジションが多少変わっても順応、対応してくれる。いろいろな意味で、対応力がこれから自然にできれば完成していくと思う。そういう強さを求めていきたい。メンタル面では、経験値のある選手たちが大事になる。初出場の選手にとっては難しいアプローチになる。1センチの戦いの中で勝敗が決まるような世界。厳しい瞬間を想定させて準備していかなければならないと思っている」

116日前に配信

乾貴士がエイバルへ感謝のコメント

116日前に配信

本田&香川の選出理由は?

116日前に配信

井手口、浅野と練習で別メニューが続いていた乾との差は?

西野監督「乾は昨日ゲームに入れないわけではなかった。強引に入ることもできたがリスクがあるので避けた。そういう状況に回復しているということと、これからは全体的に練習に合流できるということの確証を持っていた。メディカル的なところをどう捉えるかというところも考えた。井手口や浅野との比較ではなく、彼自身でプレーができる、彼のようなスタイルは代表には少ないので。そこは最後まで求めた。メディカル的にも問題ない。たしかにゲームでは確認できなかったが、彼の場合は2週間前にトップフォームで良い状態だった。そういう予測のもと、ロシアには十分入れると。井手口、浅野はゲーム感ということだけ。本大会でトップフォームに入れるかどうかの確証が持てなかった。悪くはないが、ポジションのバランスもあったので、そういう中で乾をチョイスした」

116日前に配信

西野監督の会見要旨(1)

116日前に配信

大迫勇也が喜びのコメント

116日前に配信

ガーナ戦でプレーしなかった乾貴士について

116日前に配信

この23人で、日本代表としてW杯でどんなサッカーを志していきたいか。

西野監督「積み上げてきた素晴らしいストロングポイントを生かした代表でありたいし、また違う対応をした、変化を持たせたチームで、そういうサッカーを披露したい。これからまた変化していくと思う。各チームに対してベストなゲームができる代表チームを結束して全員で作り上げていきたい」

116日前に配信

W杯での具体的な目標は?

116日前に配信

浅野、井手口落選の理由

116日前に配信

選ばれなかった3人について、どう考えているか

西野監督「非常に有望な若手の3人。この舞台に立たせてくれたのも彼らの力が大きい。代表でのパフォーマンスは強く感じているし、求めたい。ただ、彼らの現状がそういう環境ではなかった。そういう中で、鍛えられている彼らに期待して、確認をしたいという中で招集した。非常にパフォーマンスは上がってきていた。昨日も制限された時間だったが、トライはしてくれた。もちろん彼らの可能性も考えたいところだが、現時点でのトップパフォーマンスという中では、自分の中で持てなかった。彼らには本当に期待している。これからの日本サッカーを背負ってくれる選手だと思っている」

116日前に配信

代表から外れた三竿健斗が心境をツイート

116日前に配信

ガ大阪の藤本淳吾がツイート

116日前に配信

本田圭佑のビジネスパートナー・鈴木良介氏がツイート

116日前に配信

メンバーを発表する西野監督

日本代表メンバー発表記者会見に臨む西野朗監督=東京都内のホテルで2018年5月31日午後4時1分、長谷川直亮撮影

116日前に配信

川崎Fの中村憲剛がチームメートの大島を祝福

116日前に配信

重要視したポイントは?

西野監督「いろいろなプラン、シチュエーションを考えた中で、どれだけ絵を描けるか、その中に選手がどう入ってくるのかという可能性をたくさん持ちたい。その可能性を膨らませられるタレントがこれからどう組んでいけるか、そういうことを考える中で、ポリバレントと言いましたが、そういうことも含めていろいろな可能性を考えたい。そういう基準は一つある」

116日前に配信

23人を決めた今の思いは?

西野監督「ブラジルの結果を踏まえて、ロシアに向けての強化を進めてきた。選手たちも切磋琢磨しながらプレーヤーとしての競争の中で目指してきた大会。そういう中で23名を選ばなければいけない、指導者にとって選ぶということの厳しさはどんな指導者も持っている。ロシアへの舞台を作ってくれた選手、伸びている選手、これから飛躍していくだろう選手もいる。いろんな要素を含めて選ばなければいけない。これは瞬間に決められることでもない。総合的に考えた中で、来月の19日にベストパフォーマンスを出してくれる選手、いろんな可能性を考えた中で選ばせてもらった」

116日前に配信

西野監督の発表前のあいさつ

「21日から27名の選手を選考してキャンプに入った。残念ながらケガで1名欠け26人で、最終的にはすべていい状態で代表チームの選考にあたれたわけではないが、まだ本大会まで猶予がある。その猶予も含めた上で、メンバーを23人決めさせてもらった」

116日前に配信

西野監督が前日のガーナ戦を振り返る

「絶対に勝ちたい。選手たちもその気持ちを持って昨日は臨んでくれました。選手たちも新体制になって新しい戦い方、システムのトライをさせた。その中で選手たちは本当に短い中で強いチャレンジ、トライをしてくれた。結果は特点が生まれなかったのが一番悔しい。そういうスタイルを求めて戦ったので、結果が出なかったことを悔しく思っている。必ずW杯につながるゲームを選手たちはできた感触を持って次のステップに進んで、事前の欧州のキャンプの中で、いい準備をしてくれると確信している」

116日前に配信

23人に選ばれた長友佑都が決意表明

116日前に配信

NMB48の磯佳奈江さんがツイート

116日前に配信

解説者の福西崇史さんがツイート

116日前に配信

選出から漏れた3人

三竿健斗(22歳、鹿島)
井手口陽介(21歳、クルトゥラル・レオネサ)
浅野拓磨(23歳、シュツットガルト)

116日前に配信

◇サッカーW杯ロシア大会日本代表

【GK】
川島永嗣(35歳、メッス、3回目)
東口順昭(32歳、ガ大阪、初)
中村航輔(23歳、柏、初)
【DF】
長友佑都(31歳、ガラタサライ、3回目)
槙野智章(31歳、浦和、初)
吉田麻也(29歳、サウサンプトン、2回目)
酒井宏樹(28歳、マルセイユ、2回目)
酒井高徳(27歳、ハンブルガーSV、2回目)
昌子源(25歳、鹿島、初)
遠藤航(25歳、浦和、初)
植田直通(23歳、鹿島、初)
【MF】
長谷部誠(34歳、アイントラハト・フランクフルト、3回目)
本田圭佑(32歳、パチューカ、3回目)
乾貴士(30歳、エイバル、初)
香川真司(29歳、ドルトムント、2回目)
山口蛍(27歳、セ大阪、2回目)
原口元気(27歳、デュッセルドルフ、初)
宇佐美貴史(26歳、デュッセルドルフ、初)
柴崎岳(26歳、ヘタフェ、初)
大島僚太(25歳、川崎、初)
【FW】
岡崎慎司(32歳、レスター、3回目)
大迫勇也(28歳、ブレーメン、2回目)
武藤嘉紀(25歳、マインツ、初)

116日前に配信

西野監督が発表を開始

  • サッカー
    W杯日本代表23人発表 本田、香川、岡崎選出

     日本サッカー協会は31日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会の代表選手23人を発表した。 長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)、本田圭佑(パチューカ)、香川真司(ドルトムント)、岡崎慎司(レスター)ら前回の2014年ブラジル大会でも主力だった選手が入ったほか、槙野智章(浦和)、宇佐美貴史(デュ

116日前に配信

井原正巳さん「世界の壁を感じた」

116日前に配信

小野伸二さん「どの大会でも初戦をいかに戦うかにある」

  • サッカーW杯・レジェンドからの伝言
    /5 速いパス回し必要 小野伸二さん

     ◇小野伸二さん(38)=MF 1998年フランス、2002年日韓、06年ドイツ大会代表 「天才」と称された日本屈指のMFをもってしても、最近は後進への助言を求められると考え込むという。 18歳で迎えた1998年ワールドカップ(W杯)フランス大会から、2006年ドイツ大会まで3大会連続で出場。99年

116日前に配信

名良橋晃さん「(ハリル氏解任について)一番不安視しているのは『結果が出たから良し』となること」

  • サッカーW杯・レジェンドからの伝言
    /4 布陣変え守備強化を 名良橋晃さん

     ◇名良橋晃さん(46)=DF1998年フランス大会代表 1998年ワールドカップ(W杯)フランス大会で予選から日本代表のDFの主力を担った。96年に2002年W杯日韓大会の開催が決まり、注目度が高まっていた時期。だが、日本はまだW杯に出たことがなかった。 それだけに「出場経験のない国が開催国枠で出

116日前に配信

宮本恒靖さん「(スタメンと控えで)心の温度差が生まれていた」

  • サッカーW杯・レジェンドからの伝言
    /3 経験者中心に結束を 宮本恒靖さん

     ◇宮本恒靖さん(41)=DF 2002年日韓大会、06年ドイツ大会代表 日本代表の主将としてピッチに立った回数は、現主将の長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)に次ぐ55回を数える。冷静沈着な判断力と高いリーダーシップ。育成年代から常にチームの中核を担い、2006年ワールドカップ(W杯)ドイツ

116日前に配信

遠藤保仁さん「(南ア大会は)ギャンブルが成功しただけ」

116日前に配信

城彰二さん「(アルゼンチンは)『殺されるんじゃないか』と思う迫力だった」

  • サッカーW杯・レジェンドからの伝言
    /1 バティの気迫に衝撃 城彰二さん

     ◇城彰二さん(42)=FW、1998年フランス大会代表 6月14日に開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、日本代表は6大会連続6回目の舞台に挑む。最高成績は2002年日韓大会、10年南アフリカ大会の16強だ。過去5回のW杯で日本代表はどのように戦い、何を感じたのか。今大会の日本代表

116日前に配信

セルジオ越後氏「新監督への期待感はこの日の雨と一緒に全部流れた」

116日前に配信

西野監督は大島を高評価

116日前に配信

ガーナ戦、コロンビアメディアの見解

116日前に配信

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドイツ 首相、長官人事を再協議 支持率急落受け
  2. ORICON NEWS 女優・矢作穂香、夜の新宿で魅せた美しさ 体全体で思いを表現
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 核兵器廃絶 吉永小百合さん「核兵器のこと考えて」
  5. 大相撲 「少し自分にご褒美をあげたい」白鵬、笑顔で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです