メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

  • 若者を忘れちゃいけない=与良正男

     この間の土曜、日曜は10代、20代の若者と楽しい時間を過ごした。 18日は「未来自治体」という名のイベント。大学生らがチームを作って自分たちが住む市区町村の未…

    (2017年3月22日 15:05)

  • 昭恵夫人という印籠=与良正男

     学校法人「森友学園」をめぐるこれまでの国会質疑で一番印象に残ったのは、安倍晋三首相が声を荒らげて反論した次の答弁だった。 「(役人が)忖度(そんたく)した事実…

    (2017年3月15日 15:22)

  • 「希望の教育」その後=与良正男

     2014年3月、「希望の教育」と題して、東日本大震災の直後から自ら志願して被災地に入り、現場と本省のパイプ役を続けてきた若い文部科学省職員の話を本欄で書いた。…

    (2017年3月8日 15:07)

  • 安倍1強時代と森友学園=与良正男

     「日本は天皇を中心とする神の国」と当時の森喜朗首相が神道政治連盟国会議員懇談会の席で発言し、大きな批判を浴びたのは2000年5月だった。森氏が戦前の軍国主義教…

    (2017年3月1日 15:23)

  • 双葉の高校生に教わった=与良正男

     福島県立ふたば未来学園高校(双葉郡広野町)演劇部の東京公演を先日、都内の小劇場で見てきた。 脚本も演出も生徒の手による2日間だけの公演。東京電力福島第1原発の…

    (2017年2月22日 15:10)

  • 「論説副主幹」という立場=与良正男

     東京新聞(中日新聞東京本社)の長谷川幸洋・論説副主幹が司会を務める東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYOMX)の番組「ニュース女子」について、最近、よく意…

    (2017年2月15日 15:16)

  • コメントする立場にある=与良正男

     かつて日本の首相が交代した後、訪米して米大統領と会談するのを、マスコミ等々が皮肉を込めて「参勤交代」と呼んでいた時代があった。訪米するには、お土産が要る。米国…

    (2017年2月8日 15:06)

  • 「でんでん」問題について=与良正男

     先週の本欄で「国会の中でプラカードを掲げても何も生まれない」と民進党を当てこすった安倍晋三首相の施政方針演説について「そもそも首相の言う議論とは何か」と疑問を…

    (2017年2月1日 15:15)

  • 議論嫌いな2人のトップ=与良正男

     まさかこの年齢(今年60歳です)になって「一体、議論とは何だろうか」と考え込むようになるとは思わなかった。先週行われた安倍晋三首相の施政方針演説で、首相がこう…

    (2017年1月25日 15:26)

  • トランプ会見はよそ事か=与良正男

     先週行われたオバマ米大統領の任期中最後の演説で、最も印象に残ったのは次の言葉だった。 「より一層、我々は自分自身の殻に閉じこもり、その情報が真実か否かではなく…

    (2017年1月18日 15:05)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行無罪 目撃証言でっちあげ、LINEで浮上
  2. 小池百合子都知事 TGC登場に会場どよめき 女性客ら大歓声
  3. 進撃の巨人 TGCでコラボステージ ダレノガレ、古川雄輝が兵団ジャケットで「心臓を捧げよ!」
  4. ブルゾンちえみ TGCで成田凌&町田啓太を従え「With B」 3万人が熱狂
  5. 森友問題 「首相が火に油」松井氏が言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです