メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

与良正男専門編集委員による政治コラム。長年政治の裏側を取材してきた筆者が、永田町を鋭く斬ります。水曜日更新。

  • 記録的豪雨より飲み会!?=与良正男

     大災害が予想される時、行政にとって最も大切なのは早め早めの対応だ。例えば自治体が出す避難指示も結果的に「必要なかった」に終わる可能性があっても迷わず決断するの…

    (2018年7月11日 12:24)

  • 視聴率1.3%で得するのは=与良正男

     国会の日程調整で与野党が絶えず意識しているのは、NHKが生中継するかどうかだ。 野党は国民に存在感をアピールしたいから中継の機会を増やしたい。自民党も衆院予算…

    (2018年7月4日 12:29)

  • 昭恵氏の言動に再び驚く=与良正男

     暗たんとした気持ちになる発言が続く。例えば、受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案を審議していた衆院厚生労働委員会で、自民党の穴見陽一氏が参考人に対して「いい…

    (2018年6月27日 14:32)

  • うその次は強行採決!?=与良正男

     TBSの報道番組「サンデーモーニング」で司会を務める関口宏さんが、先月亡くなった岸井成格さんに最後に会ったのは春先だった。病床で関口さんが「何か言いたいことな…

    (2018年6月20日 14:37)

  • 安倍首相と拉致の解決=与良正男

     安倍晋三首相が得意(?)としてきた何か「やってる感」を醸し出すだけでは済まない段階になった。北朝鮮の拉致問題である。 この問題は首相の原点だ。若い頃から取り組…

    (2018年6月13日 12:25)

  • トップが責任取らぬ堕落=与良正男

     1998年1月、旧大蔵省の接待汚職事件で当時の三塚博蔵相が辞任した時、政界では「トカゲのしっぽ切りならぬ、頭切りだ」と言われたものだ。大臣が代わっても最強官庁…

    (2018年6月6日 12:54)

  • うそで日本が溶けていく=与良正男

     「私はうそをついていた」と告白するのには覚悟が要る。白状すれば信用どころか仕事も失うかもしれない。だから普通「よくぞ、うそを認めた」と評価さえする。 ところが…

    (2018年5月30日 12:36)

  • 「いいね」文書と首相の進退=与良正男

     これだけ、うそやごまかしが横行すると、私も慣れっこになってしまっているのかもしれない。 安倍晋三首相が3年前の2月、加計学園理事長と会い、獣医学部新設の説明に…

    (2018年5月23日 13:02)

  • 加計と面会自体が問題だ=与良正男

     これほど、ごまかしや言い逃れが横行すると、報道する側も追及すべき焦点がぼやけてしまいがちになる。こんな時は確定した事実から論じていくのが肝要だ。 加計(かけ)…

    (2018年5月16日 12:11)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファンド 本田圭佑選手、米俳優ウィル・スミス氏と設立へ
  2. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  3. 夏の高校野球 1人だけの部員 1回戦敗退も「悔いなし」
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 西日本豪雨 元消防士の教授「外に出るな」 学生けがなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです