メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

毎日新聞1面の看板コラム。

  • 「戌の満水」とは…

     「戌(いぬ)の満水(まんすい)」とは戌年の1742(寛保2)年、千曲川(ちくまがわ)流域を襲った台風による大洪水をいう。流域で約2800人の死者を出した水害で…

  • 地球上にいる無数の虫の中から選ばれたのは…

     地球上にいる無数の虫の中から選ばれたのは、その名の効用もあるだろう。「C(シー)エレガンス」。優雅に泳ぐ姿が由来ともいう。世界中の研究室で実験に使われている線…

  • 「顔は絵につれ、絵は顔につれ…

     「顔は絵につれ、絵は顔につれ。僕の顔は和田誠(わだ・まこと)によって変わってしまった」。作家、野坂昭如(のさか・あきゆき)は和田さんの似顔絵をたたえた。小紙書…

  • 「ねえパパ、お酒に酔うってどういうこと?…

     「ねえパパ、お酒に酔うってどういうこと?」「ここに二つグラスがあるだろう、酔うとこれが四つに見えるんだ」「でも、グラスは一つしかないよ」。酔っ払いはジョークや…

  • 「それにしてもきょうの長嶋の三振ぶりは…

     「それにしてもきょうの長嶋(ながしま)の三振ぶりは、当人には気の毒だが大変面白かった。当分語り草になるだろう」。作家の尾崎一雄(おざき・かずお)が書いたのは長…

  • 権威を皮肉ると横やりが入る…

     権威を皮肉ると横やりが入る。17世紀のフランス宮廷でも、ご多分にもれなかったようだ。国王ルイ14世の庇護(ひご)を受けていたモリエールの風刺喜劇「タルチュフ」…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 郵政副社長 NHKのかんぽ問題取材は「放送倫理違反」 参院予算委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです