メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

毎日新聞1面の看板コラム。

  • 古代ギリシャのオリンピックでは選手が…

     古代ギリシャのオリンピックでは選手が裸身で競技したという話はご存じだろう。実はオリンピックが始まった当時はみな腰巻きをつけていたが、紀元前8世紀の出来事をきっ…

  • 「トリハイ」と聞いてピンとくるのは…

     「トリハイ」と聞いてピンとくるのは昭和の酒場を知る世代だろうか。トリスウイスキーのハイボールのことで、作家の開高健(かいこう・たけし)はサントリー宣伝部時代の…

  • 18世紀英国議会では…

     18世紀英国議会ではトーリー党とホイッグ党の2大政党政治がくり広げられた。保守党の前身トーリー党はアイルランドの追いはぎ、後に自由党となるホイッグ党はスコット…

  • 桃栗三年柿八年…

     桃栗三年柿八年。先週、自民党本部の仕事始めで安倍晋三首相が8年目に入った長期政権を自賛した。「ゆずは九年の花盛り」と言葉を継ぎ、来年9月までの総裁任期を強調し…

  • 国道から細い道にそれて山へと向かう…

     国道から細い道にそれて山へと向かう。小さな池を過ぎ、雑木林に入ると鳥居のようにしめ縄で結ばれた2本の石柱が建つ。松江市の郊外に黄泉(よもつ)比良坂(ひらさか)…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです