メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

  • 「粟一粒秋三界を蔵しけり」は…

     「粟(あわ)一粒秋三界を蔵しけり」は寺田寅彦(てらだとらひこ)の句という。小さな粟粒も驚きに満ちた宇宙を宿している。地球物理学者で文学者でもあった寅彦は「牛頓…

    (2017年2月21日 03:44)

  • 本の題名や物語のテーマは…

     本の題名や物語のテーマは最初、明らかにされなかった。上下2冊で長さは400字詰め原稿用紙2000枚分。情報はそれだけだった。それでも書店には昨年末から「予約受…

    (2017年2月20日 03:42)

  • 東京・銀座の数寄屋橋交差点の角にソニービルは建つ…

     東京・銀座の数寄屋橋交差点の角にソニービルは建つ。オープンは日本の人口が1億人を超えた1966年の春。独自の技術と独特のデザインが生み出すカッコよさにふれよう…

    (2017年2月19日 03:36)

  • 「大阪の町の低い屋並に両御堂の屋根は…

     「大阪の町の低い屋並(やなみ)に両御堂(みどう)の屋根はくっきりとぬきんでていた……『有難(ありがた)い』『勿体(もったい)ない』という精神は、両御堂の教化に…

    (2017年2月18日 03:47)

  • 高度成長期以前を知る年配の世代には…

     高度成長期以前を知る年配の世代には、東芝のイメージは白熱電球のマツダランプと分かちがたいものがあろう。マツダのブランドは一時、東芝のラジオにも使われたが、もと…

    (2017年2月17日 03:38)

  • きのうに続きシェークスピアである…

     きのうに続きシェークスピアである。「おお、この罪の悪臭、天にも達しよう。人類最初の罪、兄弟殺しを犯したこの身、どうしていまさら祈ることができよう」。「ハムレッ…

    (2017年2月16日 03:45)

  • 「聖バレンタインの日は過ぎたのに…

     「聖バレンタインの日は過ぎたのに、この森の小鳥たちは今恋の相手を求めはじめたのか?」。シェークスピアの「真夏の夜の夢」のせりふだが、きのうのバレンタインデーは…

    (2017年2月15日 03:38)

  • 1905年夏、ドイツ皇帝ウィルヘルム2世とロシア皇帝ニコライ2世は…

     1905年夏、ドイツ皇帝ウィルヘルム2世とロシア皇帝ニコライ2世はフィンランドのビヨルケで秘密会談をした。いとこ同士だった2人は日露戦争後の欧州での独露同盟協…

    (2017年2月14日 03:46)

  • もし悪いことをすれば必ず天罰が下る…

     もし悪いことをすれば必ず天罰が下る。天の網は大きく目も粗いが、悪人を漏らさず捕らえるのだ。天網恢々疎(てんもうかいかいそ)にして漏らさず。昔の中国の思想家、老…

    (2017年2月12日 03:39)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 待合室で男が腹切り軽傷…制止の警官もけが
  2. 関学大 福島出身学生に「放射能で光る」非常勤講師が暴言
  3. 書類送検 警視庁女性巡査、TDRで万引きの疑い
  4. サンデー毎日発 スーパーエリートを見つけ出せ! 「東大」推薦、「京大」特色入試 合格者出身高校一覧
  5. 金正男氏殺害 事件1週間 外交問題に 4容疑者手配、北朝鮮「根拠ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです