メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

毎日新聞1面の看板コラム。

  • 権力分立を唱え…

     権力分立を唱え、近代司法に大きな影響を与えた18世紀のフランスの哲学者モンテスキューの「法の精神」である。そこでは江戸時代の日本の法制度がさんざんに言われてい…

    (2018年12月11日 03:17)

  • 皇后美智子さまは各地のハンセン病療養所を訪れ…

     皇后美智子さまは各地のハンセン病療養所を訪れ、歌を詠まれている。<めしひつつ住む人多きこの園に風運びこよ木の香花の香>。目の見えない患者を思う優しさがにじむ。…

    (2018年12月9日 03:17)

  • 「灰度哲学」は…

     「灰度(はいど)哲学」は中国のファーウェイを世界トップ級の通信機器企業に育てた任正非(じんせいひ)氏の経営哲学という。白か黒かの完璧(かんぺき)さを求めず、多…

    (2018年12月8日 03:16)

  • 「蓑虫の音を聞きに来よ草の庵」は…

     「蓑虫(みのむし)の音(ね)を聞きに来よ草の庵(いお)」は芭蕉(ばしょう)の句。ミノムシが鳴くの?といぶかる方もおられようが、俳人は興趣のためならカメでもミミ…

    (2018年12月7日 03:21)

  • 「寺院の号、さらぬ万の物にも…

     「寺院の号(な)、さらぬ万(よろず)の物にも、名を付くる事、昔の人は少しも求めず、たゞありのまゝに、やすく付けけるなり」。寺名など物の名をつける時、昔の人は余…

    (2018年12月6日 03:34)

  • 男鹿のナマハゲなどのユネスコ無形文化遺産登録で…

     男鹿のナマハゲなどのユネスコ無形文化遺産登録で一躍人々の関心を集めた来訪神(らいほうしん)信仰だが、やって来る神々は異形の仮面の鬼ばかりと限らない。これからの…

    (2018年12月5日 03:30)

  • フランス革命で「サン・キュロット」とは…

     フランス革命で「サン・キュロット」とは急進派の労働者らをいう。もともとはキュロット(半ズボン)にタイツ姿の貴族層が、仕事着である長ズボンの下層民を「キュロット…

    (2018年12月4日 03:40)

  • 外国人の目に映る日本は面白い…

     外国人の目に映る日本は面白い。在留ポルトガル人作家、リカルド・アドルフォさん(44)の著「東京は地球より遠く」は、母国でしか出版されていないが、主人公の外国人…

    (2018年12月3日 03:10)

  • 火災などの際、住民らが消防、防災にあたる消防団の起源は…

     火災などの際、住民らが消防、防災にあたる消防団の起源は江戸時代の町火消しとされる。江戸に町人による火消し組合が置かれたのはちょうど300年前の1718(享保(…

    (2018年12月2日 03:17)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  2. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  3. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調
  4. ファーウェイCFOを拘束 米国要請受けカナダ当局
  5. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです