メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

50年以上続く毎日新聞夕刊社会面掲載のコラム。編集局の副部長クラスが交代で執筆。記者個人の身近なテーマを取り上げます。

  • 立場

     岐阜市立常磐小学校の6年生への出前授業で「新聞の読み方」を話した。 視覚障害者による駅での転落事故を防ぐために、ホーム柵を付けるよう呼びかけている全盲の落語家…

    (2018年9月22日 17:16)

  • 大統領の90度あいさつ

     18~20日に訪朝した韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が、平壌市民に深々とおじぎした。少なくとも3回。平壌国際空港到着時と、公演を観覧した時、そして15万人…

    (2018年9月22日 15:05)

  • 控えめなアンテナ

     商業施設やオフィスが周辺に密集し、多くの人が途切れることなく行き交う東京・日本橋交差点の南の角地に、焦げ茶色のこざっぱりした2階建てビルがある。滋賀県が昨年1…

    (2018年9月21日 16:53)

  • 輝くオバァ

     沖縄県北中城村(きたなかぐすくそん)で広報の担当部署に勤めている知人から、自身が手がけたという冊子が届いた。沖縄の人たちが長寿なことはつとに知られているが、冊…

    (2018年9月21日 16:15)

  • 運転いつやめる?

     身近でこんな話を聞いた。70代の男性が車を運転中、てんかんとみられる発作でアクセルが踏めなくなり、車は急減速。なんとか車道脇に止まって事なきを得た。妻が「医者…

    (2018年9月21日 15:07)

  • 3秒のドラマ

     「3秒に凝縮されたドラマチックな競技」。そんなうたい文句にひかれ、8~12日に北九州市で開催された「パラパワーリフティング」のアジア・オセアニアオープン選手権…

    (2018年9月20日 17:00)

  • 反核の船

     漁船「第七事代(ことしろ)丸」と聞いてもピンとくる人はほとんどいないだろう。しかし、改名された「第五福竜丸」は、原水爆禁止運動のシンボルとして日本人の心に深く…

    (2018年9月20日 16:56)

  • 最強の鍋

     茨城県の冬の味覚といえば、アンコウ鍋が思い浮かぶだろう。そのアンコウ料理が自慢なのに、新たにフグの養殖に乗り出している温泉宿がある。 北茨城市にある「あんこう…

    (2018年9月20日 15:02)

  • 関西空港と香川県

     高松支局に勤務していたころ、私が大阪生まれだと知った友人から「君たちのおかげで香川県は最下位に転落したのだぞ」と嫌みを言われた。「なんのこと?」と問い返すと、…

    (2018年9月19日 17:14)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 樹木希林さん75歳=女優
  2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  3. 会津藩公行列 綾瀬はるかさんも参加 戊辰150年
  4. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  5. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです