メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

50年以上続く毎日新聞夕刊社会面掲載のコラム。編集局の副部長クラスが交代で執筆。記者個人の身近なテーマを取り上げます。

  • 癒やし

     そのあたりにいるのは知っていた。しかし、ジョギング中に突然ダチョウに出合えば驚く。津市の三重県立久居農林高実習農場。翼をゆったり動かすダチョウが6羽。大きな丸…

    (2018年6月23日 17:09)

  • ビール党

     そろそろビールがうまい季節だ。私が住むエジプトをはじめイスラム圏では飲酒を戒めるが、飲めないわけではない。キリスト教徒が営む酒屋に行けばビールやワインが手に入…

    (2018年6月23日 15:06)

  • お好きでしょ

     サントリースピリッツがウイスキーの原酒不足のために一部主力製品の販売を休止するという。ウイスキーは1980年代をピークに消費量が減り続けたが、サントリーが角ハ…

    (2018年6月22日 17:01)

  • 美しいスクラム

     それは、互いに低い姿勢を保ったまま微動だにしない美しいスクラムだった。9日に大分でラグビー日本代表が対戦したイタリアは、強いスクラムにプライドを持ち「人生をか…

    (2018年6月22日 16:43)

  • 文化遺産を守る

     イラク戦争でバグダッドが陥落(2003年4月)した前後にイラク国立博物館から貴重な美術品が略奪された。米陸軍少佐だったコリン・ウェグナーさん(54)は略奪の映…

    (2018年6月22日 15:04)

  • 渋滞と「新選組」

     観光客増への対応で京都市の四条通の歩道の幅が広げられ、歩く人に好評だが、思わぬ影響が出ている。幕末に活動した新選組を敬愛する市民らの「京都新選組同好会」の「池…

    (2018年6月21日 17:40)

  • マラドーナの粋

     サッカー・ワールドカップ(W杯)がいよいよ開幕した。熱戦の思い出は数あれど、私の中では2002年の日韓W杯の記憶が鮮烈だ。往年のスーパースター、ディエゴ・マラ…

    (2018年6月21日 17:11)

  • 高校生たちの挑戦

     かつて秋田県の田沢湖にのみ生息した淡水魚クニマス。再びすめるように、酸性化した湖水を中性化したい--。秋田県立大曲農業高校・生物工学部が代々取り組んできた挑戦…

    (2018年6月21日 15:41)

  • じゅうご地蔵

     千羽鶴がつるされたお堂の中で、静かにたたずんでいた。福岡市西区の栄昌寺にある「じゅうご地蔵」。73年前の福岡大空襲の際、博多区にあった旧十五銀行で亡くなった6…

    (2018年6月20日 17:24)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  3. サッカー日本代表 セネガル戦、速攻に要注意
  4. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  5. 1型糖尿病 障害年金を 支給求めて提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです