メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

50年以上続く毎日新聞夕刊社会面掲載のコラム。編集局の副部長クラスが交代で執筆。記者個人の身近なテーマを取り上げます。

  • おせち

     新型コロナウイルスに振り回され続け、いつの間にか師走。赴任中の三重県の特産品でも故郷の母に贈ろうかと百貨店を訪れると、おせち料理のコーナーがにぎわっている。担…

  • 津奈木町のつな

     飼い始めたばかりの猫が、死んだ。 出会いは7月の九州豪雨だった。熊本県津奈木(つなぎ)町の民家で取材していた時、白黒ぶちの子猫がすり寄ってきた。なで返している…

  • 巻き貝のメッセージ

     潜水取材のトレーニングを兼ね、沖縄・慶良間(けらま)諸島へ写真撮影に通って15年になる。最近、長さ30センチものピンセットを手にしたダイバーを見かけることが増…

  • 追悼になりますか

     2011年の東日本大震災で地区全体が消滅した古里、宮城県石巻市南浜町。旧北上川の河口に位置し、甲子園球場10個分ほど、約40ヘクタールの狭い町で約400人が犠…

  • 先見の明

     新型コロナウイルスの感染拡大とともに、オンライン教育が急速に普及した。そんな中、岩崎学園情報科学専門学校(横浜市神奈川区)は10月からおもしろい実験を始めた。…

  • 迷走が招いたもの

     21~23日の連休中、東京都心の飲食店経営者(35)は有志と1万円のチケットを手に地域の飲食店をわたり歩いてもらうイベント開催を準備した。政府の需要喚起策「G…

  • 屋台の魅力

     タイの反体制デモの現場には、軽食や飲み物を売るリヤカー式の屋台が必ず登場する。素早く空腹を満たし、のどの渇きも癒やせるため、炎天下で長時間続くこともあるデモの…

  • 深まる絆

     文化審議会が史跡指定を答申した遺跡12件に、和歌山県沖で1890年に沈没したオスマン帝国、現在のトルコの軍艦「エルトゥールル号」の遭難者墓地が入った。587人…

  • 大豆の「お肉」

     大豆のたんぱく質から作られる「大豆ミート」。低カロリーとあって、最近あちこちで見かけるようになった。いくつか試してみたが、肉独特の食感と食べ応えをほぼ再現して…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

  2. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  3. よみがえった清水寺「寛永の姿」に 4年かけ本堂や舞台など大修理 京都

  4. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  5. 福岡市中心部の天神にサル出没 警察官や見物客らで一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです