メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

50年以上続く毎日新聞夕刊社会面掲載のコラム。編集局の副部長クラスが交代で執筆。記者個人の身近なテーマを取り上げます。

  • 有明海タワー

     佐賀空港(佐賀市)の沖合4キロに、高さ15メートルの黄色いタワーがある。佐賀大有明海観測タワーで、海水温や塩分、潮流などを計測している。 宇宙航空研究開発機構…

    (2018年11月21日 16:26)

  • フットサルで心一つに

     ボールを追いかける外国人の笑顔がまぶしい。市民の手で企画したフットサル大会が9月、名古屋市で開かれ、インドネシアやブラジルなどから来た在日外国人らが熱戦を繰り…

    (2018年11月21日 16:25)

  • 弥勒菩薩

     ずっと会いたかった顔にようやく対面できた。大阪府羽曳野市の野中寺(やちゅうじ)にある金銅弥勒菩薩半跏像(みろくぼさつはんかぞう)(国重要文化財)。飛鳥時代後半…

    (2018年11月21日 16:19)

  • 医療の安全

     医療事故で家族を失った人たちが、街頭での署名活動を始めてまる10年になる。先日、東京都内での106回目の活動には19人が参加し、チラシを配って再発防止を訴えた…

    (2018年11月21日 15:03)

  • 午前5時限 光と影

     授業時間の確保などで、午前中の5時限制が福岡市の小学校でも広がる。導入校では、教員が会議や教材研究をする時間の確保につながり、おおむね好評だ。では、子どもたち…

    (2018年11月20日 17:00)

  • 真夏の夢

     2000年7月。沖縄・辺野古の住民が、サミット会場のホテルまで炎天下をデモ行進した。米軍普天間飛行場の移設反対を、会場入りするクリントン米大統領に直訴するため…

    (2018年11月20日 16:07)

  • 四十六の瞳

     先月、母校・群馬県立高崎女子高校の1年生23人が毎日新聞の見学にやってきた。OGとしていくつか質問に答えさせてもらったが、私も聞いてみたいことがあった。「みな…

    (2018年11月20日 15:03)

  • 楽しみ方、自分流

     絵の中の人物のセリフを考え、自分流のストーリーを作る「美術館の楽しみ方」が先日、テレビで紹介されていた。なるほどと思って見ているうちに思い出した物語がある。 …

    (2018年11月19日 17:03)

  • 楽々を楽しむ

     スキー場の初級者コースほどの傾斜の坂道。息を切らして上っていると、電動アシスト付き自転車に乗った中年の女性がスイスイッと追い越して行った。 街中でよく目にする…

    (2018年11月19日 16:55)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです