メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧ソ連を歩いて

  • クレムリンでイワノフ氏に聞く(下)

     昨年12月上旬、前大統領府長官のセルゲイ・イワノフ大統領特別代表(自然保護活動・環境・交通問題担当)にクレムリンでインタビューした。プーチン大統領の長年の盟友…

  • クレムリンでイワノフ氏に聞く(上)

     旧ソ連時代から現代に至るまで、ロシアにおける権力の中心地といえばモスクワのクレムリンだ。赤い壁に囲まれた城塞(じょうさい)の歴史は12世紀までさかのぼり、今も…

  • (33)ロシア革命99年のデモ行進

     1917年にロシアで起きた世界最初の社会主義革命「十月革命」から99年を迎えた11月7日(旧暦10月25日)、モスクワ中心部で露共産党主催の祝賀デモ行進があっ…

  • (32)撃墜2年の現場にて

     2年ぶりに訪ねた現場一帯は穏やかな田園そのものだった。夏空の下、黄色や白の野花が咲き乱れ、放牧牛がのんびりと草をはむ。ウクライナ東部紛争が生んだ巨大な悲劇を想…

  • (31)裏側から見た大モスクワ地下鉄

     【モスクワ真野森作】四半世紀前に崩壊し、地上から消えた巨大国家・ソ連。だが、モスクワの地下には今もソ連が存在し続けている−−。そんな思いを抱かせるのが、昨年に…

  • (30)ようこそモスクワ競馬場

     【モスクワ真野森作】青空の下、二輪馬車をひいて4歳馬7頭が全力の速歩で進む。土煙を上げて最終コーナーを回り、ゴールへ。歓声と同時に鐘が1回高らかに鳴り、勝った…

  • (29)事故30年のチェルノブイリを歩いて

     「30年間も原発で働いてきたある尊敬すべき人が、こちらの原発から3キロの場所にダーチャ(別荘)を買いました。原発周辺に住んでも平気だという他でもない証拠ですよ…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです