メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消えた家畜~技能実習生の闇

群馬、栃木県など北関東を中心に家畜が大量に盗まれた事件に絡み、10月以降、入管法違反(不法残留)などの疑いでベトナム人が相次いで逮捕された。その多くは技能実習生として全国各地で働いていた若者たちだ。何が目的だったのか。背景を取材すると、実習生が置かれた過酷な労働環境やコロナ禍が影を落としている実態が浮かぶ。全3回で「闇」に迫る。

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 十両以上の休場者18人に 戦後最多を更新 大相撲初場所

  3. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです