特集 アフガン政権崩壊

特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

  • ピックアップ
  • 新着記事
  • 基礎からわかる

ピックアップ

新着記事

基礎からわかる

 アフガニスタンのイスラム主義組織タリバンは2021年8月15日、首都カブールを制圧し、再び権力を掌握した。ガニ大統領はフェイスブックで「流血の事態を避けるために国を出た。タリバンが勝利した」と表明。01年9月11日の米同時多発テロ(9・11)をきっかけに駐留を始めた米軍の撤収完了を前にして、ガニ政権が崩壊し、タリバン主導で国家運営が進められることになる。

アフガニスタンを巡る状況
アフガニスタンを巡る状況

ベトナム上回る、最長の戦争

 9・11の後、当時のブッシュ政権は国際テロ組織「アルカイダ」を倒すことを目的に据えた。同時多発テロの首謀者でアルカイダを率いるウサマ・ビンラディン容疑者の引き渡しをタリバンに求めたが拒否され、軍事作戦に踏み切った。アフガンでの戦争は、ベトナム戦争を上回る米国史上最長の戦争となっている。

 米軍は11年5月、指導者のビンラディン容疑者を隣国パキスタンで殺害。バイデン大統領は21年4月、派遣する際に掲げた「アフガンを米国攻撃の基地として使わせない」という目的を「達成した」と説明、「戦争に終止符を打つ時が来た」と訴え、派遣している米軍を9月までに撤退させると表明していた。

「帝国の墓場」

 アフガンは20世紀初頭に英国を、1980年代にはソ連を追い出したことから「帝国の墓場」の異名を持っている。タリバンやアルカイダは米軍撤退を「歴史的勝利」と位置付けている。

米関連の犠牲、6200人以上

 米ブラウン大ワトソン研究所の集計によると、2001年のアフガニスタン戦争開戦から21年4月までの米兵の死者は2442人。ほかに国防総省の文民職員が6人死亡している。さらに、米政府と契約した民間警備会社の社員ら契約者の死者は3846人に上った。

 アフガン戦争に関する戦費や国務省の関連予算、アフガン戦争の退役軍人への補償費などをすべて含めると、2兆2610億ドル(約247兆1000億円)の支出になるという。

話題のキーワード

連載

連載一覧

新着記事

もっと見る

あわせて読みたい

注目の特集