メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ALL FOR 2020

東京へ ともに歩む

毎日新聞
聖火が走ったまち1964-2020

長崎・諫早 平和な日々かみしめ

 熊本県から船で有明海を渡った聖火は、長崎県島原市の島原城で一晩を過ごし、1964年9月14日、長崎市にリレーされた。江戸時代のキリシタン弾圧や原爆投下の被害が語り継がれる長崎の人たちには、聖火は「平和の火」と映った。 諫早市の自動車整備業、馬場和俊さん(72)は高校生だった17歳の時、島…

東京・わたし

もっと見る

Passion

もっと見る

Together

もっと見る

伝えたい東京へ

もっと見る

聖火が走ったまち1964-2020

もっと見る

アスリート交差点2020

もっと見る

パラアスリート交差点

もっと見る

Field of View

もっと見る

オリパラこぼれ話

もっと見る

毎日新聞紙面から

関連コンテンツ

ニュース

五輪ページへ
広告