メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ALL FOR 2020

東京へ ともに歩む

毎日新聞
Passion

「きっとできる自信をくれる」やり投げ・北口榛花と名コーチの絆

 23歳で待望の舞台への切符をつかんだ。陸上女子やり投げの東京オリンピック代表、北口榛花(はるか)=JAL=は高校時代から将来を期待されたが、大学進学後は苦難の日々が続いた。乗り越えたきっかけは、「やり投げ大国」のコーチとの出会いだった。 うれしい時は跳ねるように喜び、悔しい時は全身で感情…

すべては、情熱から動き出す。 ともに、かなえる エール交換プロジェクト

東京・わたし

もっと見る

Passion

もっと見る

Skill

もっと見る

Together

もっと見る

聖火が走ったまち1964-2020

もっと見る

アスリート交差点2020

もっと見る

パラアスリート交差点

もっと見る

Field of View

もっと見る

オリパラこぼれ話

もっと見る

毎日新聞紙面から

東京オリンピックニュース

東京オリンピックへ

東京パラリンピックニュース

東京パラリンピックへ