メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ALL FOR 2020

東京へ ともに歩む

毎日新聞

Passion

オリンピック・パラリンピックに向けて日々、鍛錬を積むアスリートたち。本番へのカウントダウンが進むと共に、その表情も、語る言葉も変化していきます。選手たちの秘めた決意や競技への熱い思いを届けます。

再開レースでまさかの2位 パラ陸上のホープ、井谷俊介を阻む「壁」

 新型コロナウイルスの感染拡大以降、パラスポーツの大会として久しぶりに開かれたパラ陸上の日本選手権(9月5、6日、埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)。2018年アジアパラ大会(ジャカルタ)の男子100メートル(切断など)で金メダルを獲得した井谷俊介(25)=SMBC日興証券=は、男子1…

広告