メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ALL FOR 2020

東京へ ともに歩む

毎日新聞

Together

五輪・パラリンピックへ邁進するアスリートのそばで、用具、ウェア、メンタル、栄養、地域、それぞれの分野で知恵を絞り、汗をかく人たちがいます。世界最大の祭典に向けて選手を後押しする人の姿に迫ります。

レスリング女子 世代を超えた2人の世界女王が挑む東京五輪

 レスリング女子で日本選手初の世界選手権優勝を果たすなど黎明(れいめい)期を支えた吉村祥子さん(50)は今、指導者として後進の育成に励んでいる。女子最軽量級で世界選手権2大会連続金メダルの須崎優衣(19)=早大2年=も、日本オリンピック委員会(JOC)が若手強化のために始めた「エリートアカ…