メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ALL FOR 2020

東京へ ともに歩む

毎日新聞

オリパラこぼれ話

世界が注目する五輪・パラリンピック大会は、多くのアスリートが集い、感動のドラマを繰り広げます。1896年の第1回大会(アテネ)から長い歴史を刻む中で生まれた面白いエピソードや興味深い話、記録などをコラムにしてお届けします。

視覚障害選手の活躍 支えるサポーター

 パラリンピック大会に出場する視覚障害者には選手の目となって支えるサポーターの存在が欠かせない。 「(ゴールまで)5メートル、45度」。アイマスクを着用した全盲4人と目の見えるゴールキーパーからなる5人制サッカー(ブラインドサッカー)では、相手チームのゴール裏に立って「コーラー」と呼ばれる…

広告