メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ALL FOR 2020

東京へ ともに歩む

毎日新聞

オリパラこぼれ話

世界が注目するオリンピック・パラリンピック大会は、多くのアスリートが集い、感動のドラマを繰り広げます。1896年の第1回大会(アテネ)から長い歴史を刻む中で生まれた面白いエピソードや興味深い話、記録などをコラムにしてお届けします。

旧国立競技場の聖火台製作者 家族への思いを胸に聖火ランナー

 東京2020大会の聖火リレーが3月25日に福島県でスタートした。聖火は121日間で47都道府県を巡り、聖火台への点火は開会式の見せ場になる。1964年の前回東京オリンピックの際に使われた旧国立競技場の聖火台は、キューポラの町・埼玉県川口市で生まれた鋳物製だった。その製作に携わった同市の鋳…