メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ALL FOR 2020

東京へ ともに歩む

毎日新聞

オリパラこぼれ話

世界が注目する五輪・パラリンピック大会は、多くのアスリートが集い、感動のドラマを繰り広げます。1896年の第1回大会(アテネ)から長い歴史を刻む中で生まれた面白いエピソードや興味深い話、記録などをコラムにしてお届けします。

過去の珍しい競技・種目 綱引きや芸術競技なども

 来年7月に開幕する東京五輪大会は過去最多の33競技339種目で競われる。8競技43種目で始まった近代五輪は、第1回アテネ大会(1896年)から120年以上の歴史が刻まれる中、珍しい競技・種目も存在した。 まずは運動会でおなじみの「綱引き」。陸上種目のひとつとして第2回パリ大会(1900年…