メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ALL FOR 2020

東京へ ともに歩む

毎日新聞

東京・わたし

幅広い分野の著名な方々に、オリンピック・パラリンピックについての期待や希望、提言、苦言をおたずねするインタビューシリーズです。スポーツに限らず、東京2020大会とその後の社会なども語っていただきます。

オリンピックで知った怖さと快感 元飛び込み選手・中川真依さん

 「実力だけではない、運や周りの影響もあってつかみとる4年に1度のチャンス」。オリンピックに2度出場した女子高飛び込みの中川真依さん(34)は、夢の大会をこう評した。オリンピックの怖さ、重圧を受け、失敗も経験したオリンピアンは、最後に競技を好きになれたという。その指にはピンクゴールドの五輪…