メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

JABA東京スポニチ大会 JR東日本東北、JR東日本4強 日本新薬も

社会人野球復帰後初の公式戦登板で、八回を3者凡退に封じた新日鉄住金かずさマジックの渡辺俊=倉岡一樹撮影

 社会人野球の東京スポニチ大会は12日、神宮など3球場でリーグ戦8試合を行い、4強が出そろった。A組はJR東日本、B組はJR東日本東北、D組は日本新薬がそれぞれ準決勝に進んだ。

 JR東日本と日本新薬は3連勝。B組は3チームが2勝1敗となり、タイブレークなど試合内容により増減するポイントでも並んだが、失点が一番少ないJR東日本東北が1位となった。

 13日は神宮球場で午前9時からJR東日本(リーグ戦1位)−新日鉄住金かずさマジック(同4位)、続いて日本新薬(同2位)−JR東日本東北(同3位)の準決勝2試合を行った後、決勝を行う。

この記事は有料記事です。

残り1266文字(全文1531文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです