メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しが☆スポ

都市対抗野球 新生「全大津」飛躍誓う 選手ゼロから復活2年目 9日、1次予選で甲賀健康医専と初戦 /滋賀

全大津野球団の選手とスタッフ=2015年11月、同球団提供

 創部90年弱の伝統を誇りながら、一時は選手0人と廃部寸前だった社会人野球チーム「全大津野球団」が復活し、新生2年目のシーズンを迎える。一から選手を集め直し、若手のほか、ブランクの長かったベテランも加わった。昨年は1勝4敗。今季初戦は9日、都市対抗野球滋賀1次予選(甲賀市民スタジアム)で強豪の甲賀健康医療専門学校と対戦する。【大澤重人】

 「今年は飛躍の年にしよう」。3月26日午後6時過ぎ、栗東市内のグラウンドで、小西昌人監督(47)が鼓舞すると、選手たちは守備位置へ駆けた。照明の下、ノックが始まり、連係プレーを繰り返した。

この記事は有料記事です。

残り1501文字(全文1765文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  3. 西村担当相の正月休み延長要請が自民に波紋 「解散戦略に影響」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 特集ワイド コロナ禍登場、西村氏とは 目立ちたがり屋 官僚出身、言動は軽率? 総裁選意欲 「お友達」で抜てき?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです