メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

「強化元年」シーズン開幕 今月30日から /福島

昨年の都市対抗野球県大会で優勝した富士通アイソテッククラブ=福島市のあづま球場で昨年5月17日

 県野球協会が主催する社会人野球の今年度の日程が決まり、4月30日開幕のJABA福島市長杯争奪野球大会を皮切りに、本格的なシーズンが始まる。

 主な大会日程は福島市長杯のほか、都市対抗野球第1次予選県大会が5月7日、全日本クラブ野球選手権県大会が6月11日に、順次開幕する。

 野球・ソフトボールが2020年の東京五輪の追加種目として国際オリンピック委員会(IOC)に提案されており、政府は1次リーグ(予選)の県内開催に向けて努力する考えを示している。県野球協会も東京五輪に向けて、県内の野球人口の拡大や選手の技術強化に力を入れる。

 5月1日には、記録員や女性アナウンス係の育成を目的にした体験講習を実施。技術面では7月に東北地区野…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 羽生SP97.43で2位 首位チェンは自己ベスト110.38 GPファイナル

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 羽生、大技で巻き返しか 3大会ぶり奪還狙う ファイナル2位発進

  5. 「側近もあぜん」首脳らヒソヒソ 動画にキレた? トランプ氏会見キャンセル、帰国

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです