メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

福島市長杯 オールいわき初戦突破 盛岡を完封 /福島

【オールいわきク−盛岡球友倶】七回表オールいわきク2死一、三塁、相手の送球ミス間に稲川泰弘選手(左)が生還し、決勝点=福島市のあづま球場で

 今季の社会人野球が県内でも幕開けした。第21回JABA福島市長杯争奪野球大会(県野球協会、毎日新聞福島支局主催)は30日、福島市のあづま球場で開幕した。この日は1回戦3試合があり、県勢ではオールいわきクラブが盛岡球友倶楽部(岩手)との投手戦を1−0で制した。Tsukuba Club(茨城)は、HOKUTO Baseball Club(宮城)に6−1で快勝。ファイティングスピリット(新潟)は、宇都宮大学OBクラブ(栃木)に13−0でコールド勝ちした。1日は1回戦3試合が同球場である。【高井瞳、宮崎稔樹】

この記事は有料記事です。

残り1218文字(全文1472文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「就職氷河期世代」とは

  3. 名古屋市営地下鉄に初の駅ナカ 伏見駅「ヨリマチFUSHIMI」オープン

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです