メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

めざせドームV

都市対抗・四国銀行 第1部 歴史と軌跡/上 創部78年、悲願の1勝 /高知

2007年の都市対抗で初勝利を挙げ、喜ぶ四国銀行ナイン=東京ドームで、小松雄介撮影

 「都市対抗出場が決まった瞬間、マウンドの自分の所に選手たちがワーッと集まって来てね」。四国銀行が2回目の都市対抗出場を決めた1979(昭和54)年、高知市営球場であった四国予選の代表決定戦。当時のエース、山本智久さん(59)は、こう懐かしむ。

 山本さんは74(昭和49)年、池田高(徳島)がセンバツで準優勝した際の「さわやかイレブン」。「都市対抗に出るために四国銀行に入ったようなものですから、本当に、うれしかった」と話す。

この記事は有料記事です。

残り859文字(全文1072文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  4. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  5. 中村哲さん、無言の帰国 妻、長女らがひつぎに花束 葬儀は11日、福岡市で

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです