メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

めざせドームV

都市対抗・四国銀行 第1部 歴史と軌跡/中 新チームに望み託す /高知

「都市対抗2勝目」の望みを野口英巳・前監督(左)から託された宗武秀幸監督=高知市鷹匠町1の三翠園で2015年12月5日、岩間理紀撮影

 「全国で勝てる粘り強いチームを作る」。昨年12月5日、高知市のホテルであった就任記者会見で、四国銀行の宗武秀幸監督(40)が、こう意気込んだ。隣には野口英巳前監督(38)。前監督は13年夏の都市対抗で、強豪・東京ガス(東京都)に1−3で惜敗。13年秋に続いて15年秋に出場した日本選手権ではベスト8のNTT西日本に1回戦で0−2で敗れた。着実に力は着けたものの、全国の壁は厚く、「都市対抗2勝目」の望みを新監督に託した。

 宗武監督は香美市出身で、高知商の捕手として1993年夏の甲子園に出場。近畿大から98年に入行し、好…

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文842文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィリピン、電子たばこ禁止へ ドゥテルテ大統領、公共の場での使用者逮捕命じる

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです