メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都市対抗野球

トヨタ集中打で快勝 JR西降し8強

 第87回都市対抗野球は大会7日目の21日、2回戦3試合。第2試合はJR西日本(広島市)とトヨタ自動車(豊田市)が対戦。同点に追いつかれたトヨタが八回に集中打で大量点を奪って勝ち越し、初戦でドーム初勝利を挙げて勢いづくJR西日本を振り切ってベスト8進出を決めた。トヨタは昨年に続き2年連続の8強入り。

 〇トヨタ自動車(豊田市)6−1JR西日本(広島市)●

 トヨタ自動車が八回に突き放した。3四死球で1死満塁の好機を作ると、代打・滝野が走者一掃の中越え三塁打。続く多木の右越え2点本塁打で試合を決めた。JR西日本は好投していた先発の鮫島が八回に制球を乱し、2番手の湧川も踏ん張れなかった。打線も3安打と振るわなかった。

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文853文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  5. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです