メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

躍動

社会人野球日本選手権/上 三菱重工広島 都市対抗、悔しさ晴らす /広島

日本選手権に向けて練習に励む選手たち。山本祐大内野手(右)は打撃が好調だ=広島県三次市で

 5月のJABA京都大会で優勝し、早々に日本選手権出場を決めた三菱重工広島。しかし、6月の都市対抗野球中国予選では、本命と目されながら敗退し、本戦出場を逃した。田中友博主将(26)は「今季の全国大会はもう日本選手権しかない。都市対抗の悔しさを晴らす舞台にする」。辛酸をなめたチームは、人一倍強い思いで大会に挑む。

 「春先はすごく流れが良かった」と町田公二郎監督(46)が振り返るように、チーム状態は充実。京都大会…

この記事は有料記事です。

残り1479文字(全文1685文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです