メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日本選手権 JR西「全力疾走」の勝利 11大会ぶり、スタンド6200人歓喜 /広島

【JR西日本-フェデックス】四回表JR西日本1死一塁、高木が右前打を放つ=京セラドーム大阪で、平川義之撮影

 京セラドーム大阪で開かれている第42回社会人野球日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は大会第2日の30日、JR西日本(2大会ぶり5回目出場)は延長戦の末、フェデックスを3-1で降した。日本選手権での勝利は11大会ぶり。2回戦は大会第8日第3試合(11月5日午後3時開始予定)で、JR東日本東北と新日鉄住金鹿島の勝者と対戦する。【真下信幸】

この記事は有料記事です。

残り1297文字(全文1472文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  5. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです