メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

躍動の予感 32代表の横顔

第88回都市対抗野球 32代表の横顔/6

第3代表決定戦で1失点完投したJR東日本の田嶋=渡部直樹撮影

エース田嶋が鍵 東京都・JR東日本(東京第3代表) 8年連続20回目

 ドラフト指名が解禁される高卒3年目のエース左腕・田嶋がチームの命運を握る。

 2次予選5試合中4試合に先発し、3完投勝利を挙げ、チームの白星すべてをもたらした。成長した姿を見せたのはセガサミーとの第3代表決定戦だ。最速152キロの速球でねじ伏せる普段とは違い、制球を重視したうえ緩急も使って最少失点に抑えた。昨年の本大会は初戦で延長十回サヨナラ負けしただけに「チームを優勝させる」との決意は固い。

 打線は予選2本塁打の2年目・丸子に、初優勝した2011年に橋戸賞を獲得した最年長32歳の松本と、左右の強打者がそろう。東條は打率が5割を超えた。拝崎、小室の両新人も存在感を示した。【江連能弘】

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文665文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 保健師団体、感染症法改正に反対声明 「罰則は症状隠す行動につながる」と懸念

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです