メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊都市対抗

ドーム導いた若武者 来月14日開幕

リーグ戦でJFE西日本を3安打完封したJR西日本・西川=真下信幸撮影

 第88回都市対抗野球大会は出場32チームと組み合わせが決まり、7月14日の開幕まで1カ月を切った。全国の厳しい2次予選を勝ち抜き、各チームは都市や町の代表として東京ドーム行きの切符をつかんだ。今回は2次予選で活躍が目立った若手選手に焦点を当てる。

期待に応え全力完封 広島市・JR西日本 西川昇吾投手(24)

 意気に感じて上がったマウンドで、ベンチの期待に見事に応えた。中国2次予選で、決勝トーナメント進出がかかったJFE西日本戦。落ちる変化球と140キロ台前半の直球をリズム良く投げて3安打完封。「100点満点の出来」の110球だった。

この記事は有料記事です。

残り1942文字(全文2211文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 首相「一日も早く収束」 コロナ対応陳謝も 施政方針演説

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 視聴室 青のSP-学校内警察・嶋田隆平-

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです