メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企業とスポーツ

都市対抗出場・トップに聞く 日本新薬・前川重信社長(64)/新日鉄住金・進藤孝生社長(67)

「強豪」自負し、奮起を 日本新薬・前川重信社長(64)

 4年連続34回目の出場。昨年まで3年連続でベスト8に進出し、全国でも強豪と呼ばれるチームに成長した。「本大会出場が目標ではない。1994年以来のベスト4進出、その上の全国制覇が目標」と語る。

 都市対抗野球の魅力は「一球ごとに一喜一憂する応援の一体感」。活躍が報道されることで、株主や得意先も「野球が強い日本新薬」と認識してくれる。「費用対効果としても十分」と笑顔を見せる。

 「現場は情報の宝庫」が持論。全国の営業所や工場を積極的に視察し、社員の生の声を聞く。だから野球部の…

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文899文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 政府、20年度に「宇宙作戦隊」を新設 概算要求に計上

  4. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  5. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです