メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊都市対抗

主役たちの今 神がかった打棒で橋戸賞獲得 元姫路市・新日鉄広畑内野手 佐々木恭介さん

佐々木恭介さん

一球にこだわれ 佐々木恭介さん(67)

 面白いように打ちまくった。不動の4番打者として臨んだ第42回大会(1971年)で2本塁打、1三塁打、3二塁打を含む19打数11安打8打点。「バットさえ出せればヒットになる」というほど神がかった打棒で2回目の優勝の立役者となり、橋戸賞(最優秀選手賞)を獲得した。

 5試合で最も印象に残っているのが、川崎市・三菱自動車川崎との1回戦の第1打席だという。左翼ポール際へのファウルが2球続いた後、外角の沈む変化球を、右中間に先制の適時三塁打。四回にも適時打を放つなど、初戦…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文632文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  4. 寝屋川中1殺害、山田被告に厳刑へ 大阪地裁
  5. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです