メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

若い担い手、野球で確保 静岡の運送会社、チーム結成 「目標は都市対抗」 甲子園経験者ら22人

都市対抗出場を目標に掲げる山岸ロジスターズの選手と天野義明監督(左)=静岡県牧之原市で2017年7月7日午後6時1分、古川幸奈撮影

 待っていろよ、東京ドーム--。静岡県島田市の運送会社「山岸運送」が、都市対抗野球大会出場を目標に社会人野球チーム「山岸ロジスターズ」を結成して6月、社会人野球を統括する日本野球連盟にクラブチームとして登録した。若手の人手不足に悩む運送業界で、野球を通じた人材確保や福利厚生を目指す試みだ。【古川幸奈】

 まだ薄暗い午前4時半。最も出勤の早い選手が寮を出て職場へ向かう。午後2時ごろまでトラックでスーパーなどに食料品を配送。仕事が終わった選手から練習を始め、午後7時ごろまで汗を流す。チームの合言葉は「仕事100%、野球100%」。仕事も野球も手を抜かない。「やってみると意外ときつい。でも、野球があるから頑張れる」。プロ野球・楽天の則本昂大(たかひろ)投手の弟佳樹投手(23)は充実した表情を見せる。

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文1075文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相の被爆地あいさつ「文面が酷似」と怒りの声 官邸HP掲載の全文と同じ構成・表現

  2. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  3. 悼む 拉致被害者・横田めぐみさんの父 横田滋さん=6月5日死去・87歳

  4. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  5. デジタルVS 肺炎診断、アリババAI 日本でも先行 無料提供、「国産」出遅れ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです