メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西部ガス終盤の反撃も 東京ガス逃げ切り

【福岡市(西部ガス)-東京都(東京ガス)】一回裏東京ガス2死一、三塁、黒田が先制の適時内野安打を放つ=東京ドームで2017年7月15日、平川義之撮影

 社会人野球の第88回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は15日、東京ドームで1回戦3試合。第3試合の西部ガス(福岡市)対東京ガス(東京都)戦は、東京ガスが西部ガスの終盤の反撃をしのぎ、7-4で逃げ切った。

     ○東京ガス(東京都)7-4西部ガス(福岡市)●

     東京ガスが逃げ切った。一回に黒田の適時内野安打で先制し、二回は地引の適時打で加点した。六回は3連打を足場に計3点を奪った。八回は坂井、山内の連続長打で突き放した。西部ガスは八回に5安打を集めて4点を返したものの、反撃が遅かった。

     東京ガス・菊池壮光監督 福岡市は投手力がいいので先取点が欲しかった。序盤の展開は良かった。(先発の)岩佐は緩急をうまく使い、持ち味を出した。

     西部ガス・杉本泰彦監督 詰めの甘さが出た。5点リードされてから開き直っているようではダメ。もっと一球への精度を高めていかないといけない。

    関連記事

    あわせて読みたい

    毎日新聞のアカウント

    7月25日の試合

    話題の記事

    関連サイト