メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都市対抗野球

病乗り越え晴れ舞台 ホンダ鈴鹿・平尾

 第88回都市対抗野球大会第2日の15日、三重県鈴鹿市・ホンダ鈴鹿は山形市・きらやか銀行と対戦した。高校時代に患った病を乗り越え、野球を続ける新人・平尾奎太(けいた)投手(23)が2番手で登板し、完璧なリリーフで勝利投手になった。「野球ができる喜びを東京ドームでぶつけたい」。大阪桐蔭高では藤浪晋太郎投手(阪神)と同級生。プロ入りした藤浪投手に比べ順風満帆ではなかった左腕が、社会人初の晴れ舞台で躍動した。

 190センチ近い長身から投げ下ろす速球派。将来を嘱望される中、高校2年の秋の健康診断で腎臓の病気が…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです