メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都市対抗野球

病乗り越え晴れ舞台 ホンダ鈴鹿・平尾

 第88回都市対抗野球大会第2日の15日、三重県鈴鹿市・ホンダ鈴鹿は山形市・きらやか銀行と対戦した。高校時代に患った病を乗り越え、野球を続ける新人・平尾奎太(けいた)投手(23)が2番手で登板し、完璧なリリーフで勝利投手になった。「野球ができる喜びを東京ドームでぶつけたい」。大阪桐蔭高では藤浪晋太郎投手(阪神)と同級生。プロ入りした藤浪投手に比べ順風満帆ではなかった左腕が、社会人初の晴れ舞台で躍動した。

 190センチ近い長身から投げ下ろす速球派。将来を嘱望される中、高校2年の秋の健康診断で腎臓の病気が…

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文775文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  3. いじめか 数人で男子生徒に暴行する動画をインスタに投稿 新潟青陵高校
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです