メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第88回都市対抗野球

被災地思い同窓生対戦 大津町・ホンダ熊本、稲垣翔太内野手 石巻市・日本製紙石巻、篠川拓也内野手

三回裏、二塁打を放った石巻市の篠川内野手(手前)と守備につく大津町の稲垣内野手=東京ドームで16日、渡部直樹撮影

 第88回都市対抗野球大会第3日の16日、第1試合で対戦した宮城県石巻市・日本製紙石巻の篠川拓也内野手(25)と熊本県大津町・ホンダ熊本の稲垣翔太内野手(24)は、大分県の明豊高校で三遊間コンビを組み、甲子園で8強入りしたかつての仲間だ。初の全国大会での対戦は、地震に見舞われた被災地の代表同士でもあった。「野球ができることに感謝しよう」。同じ思いで試合に臨んだ。【鈴木一也、佐野格】

 2人は同県別府市出身で、中高の先輩後輩。8強入りした2009年夏の甲子園では、1年生で唯一メンバー…

この記事は有料記事です。

残り649文字(全文891文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  2. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  5. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです