メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都市対抗野球 18日見どころ 打の日通vs投の重工広島

<右>日本通運の打線を引っ張る北川選手と<左>三菱重工広島のエース鮫島投手

第88回都市対抗野球 大会第5日(18日)見どころ

 ○…1回戦…○

 ▽第1試合(10時半)

日本通運(さいたま市)-三菱重工広島(広島市)

 日本通運は2次予選のチーム打率3割3分7厘と打線が強力だ。三菱重工広島はエース鮫島と新人左腕・伊藤で対抗する。

 ▽第2試合(14時)

日立製作所(日立市)-三菱重工名古屋(名古屋市)

 前回準優勝の日立製作所は森下、浜元の両新人が加わり打線に厚みを増した。三菱重工名古屋は早めの継投で勝機をうかがう。

 ▽第3試合(18時)

JR北海道ク(札幌市)-新日鉄住金東海REX(東海市)

 新日鉄住金東海REXは2年目の6番・福田をはじめ若手が予選で活躍し、競り合いに強い。JR北海道クは3番・丹沢に好機で回したい。

関連記事

あわせて読みたい

毎日新聞のアカウント

7月25日の試合

話題の記事

関連サイト