メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都市対抗野球

優勝まで見守る 悔しさ胸に…三菱重工OB

スタンドで三菱重工神戸・高砂の選手たちの活躍を見守る岡正博さん=東京都文京区の東京ドームで2017年7月17日午後6時31分、黒川優撮影

 第88回都市対抗野球大会第4日の17日、今年創部100年目の神戸市・兵庫県高砂市の三菱重工神戸・高砂側のスタンドに、同県野球連盟顧問の岡正博さん(68)の姿があった。1970年大会決勝で大会史に残る「延長十四回引き分け再試合」の末、チーム史上最高成績の準優勝を果たしたメンバーの一人。チームは敗れたが、「悲願の優勝は101年目に持ち越しだ」と後輩のこれからの活躍に期待した。

 チームは全国的に野球人気が高まり、実業団野球が発展しつつあった1918(大正7)年、「三菱造船神戸硬式野球部」として創部。都市対抗には35年の第9回大会の予選から参加し、62年の第33回本大会に初出場した。

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文786文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  2. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  3. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  4. 時の在りか 「もう菅政権になっている」=伊藤智永

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです